統計のまやかし
実験をしてデータを出しても、統計処理をしないとその数値に意味はありません。
でも「統計処理」って結構難しいのが悩みのタネです。
「統計なんてどうにでもできる」という部分が少なからずあるからです。
また、学会や下手をすると論文でさえも、「統計的には有意差は見られなかったものの、傾向としては減少している」のように自分の都合のいいように解釈をしている例も見られます。
統計の扱いは本当に難しいです。

先日、東京へ行くときに、新幹線の中で読もうと思って一冊の本を購入しました。
その本の感想を簡単に。
ちなみに新幹線の中は往復ともに熟睡したので、結局読みませんでしたけど。

統計数字を疑う なぜ実感とズレるのか?
門倉 貴史 光文社 売り上げランキング: 4861

「統計数字を疑う なぜ実感とズレるのか」

この本は日々発表される「統計」について、どのように疑えば良くて、そこから得られる情報は何なのかを見極める術について書かれています。
景気が回復しているとは言うものの、その実感が得られない。
「景気が回復している」という統計はどのように算出されているのか、そこにはどんな「穴」があって、その統計にはどのような意味があるのか。
また例えば「愛地球博の経済効果は○億円」のような「経済効果」は日々発表されていますけど、それがどのように算出されているかを知っている人は少ないと思います。
この本を読めば、「経済効果」という言葉を聞くだけで眉につばをしたくなることは必至です。
個人的に、第一章の「平均」の項が目からウロコでした。
これを読んでから、今私の持っているデータの中の一つが、実は算術平均ではなくて幾何平均にするべきなのではないか?と悩んでいます。
筆者の専門である「地下経済」について論じてある最終章は非常に興味深かったです。
日本のGDPに換算されない経済活動(脱税と犯罪)の規模が試算されています。

全体的な印象としては、「統計」の信頼性は、データの正確さと前提条件の妥当さに大きく左右されます。
自分の分野に活かすこと考える場合、「前提条件の妥当さ」が特に難しいです。
この本の中身は主として「経済学」であるため、「生物学」を生業とする私にとっては「直接」役に立つ本ではありません。
しかし様々な統計を実例としながら、統計のクセや考え方をここまで解説してくれている本と言うものはとても貴重だと思います。
凄く面白かったです。
でも、最低限とは言いつつも数式とか用語とかが割と容赦なく出てくるので、若干難しかったです。

ニュースなどを見ていて、何となく騙されたような気分になる人は必読です。
ホント、統計は有意と無意が表裏一体です。
このエントリーをはてなブックマークに追加
kasa / 読書 / comments(0) / trackbacks(0)
読みたいだけなのに
私はプロフィールのところにも書いてあるように、藤子・F・不二雄先生の作品が好きです。
おそらくかなりの影響も受けていると思います。
小学生の頃に買ってもらった「ドラえもん」の漫画本が原点です。
好きな作家の作品を全部読みたいと思うのは、そんなに変な感情ではないと思います。
しかし、現在「藤子不二雄」の本を手に入れることはなかなかに困難です。
文庫版や愛蔵版で復刻されているものもありますが、復刻されていないものが大部分ですから。
また、復刻されているものでも、台詞などが改竄されているものが多いのがとても残念です。
「差別」にあたるとの理由です。
確かに当時とは時代背景が違うので、言葉が違うのはある意味仕方のないことだとは思います。
しかし過度な「言葉狩り」がなされたような気がしてなりません。
「ジャングル黒べえ」などは、作品そのものが抹殺されました。

また、復刻されない理由の一つに「著作権」があります。
「藤子不二雄」はAさんとFさんの合同ペンネームであるため、難しいんです。
二人で書いた作品は、いったいどちらのものなのか、という問題です。
典型例は「オバケのQ太郎」です。
オバQは現在新刊で入手することは出来ません。

作者の選んだ言葉で、作者の描いた作品を読みたければ、当時発売された本を読まないとならないのが現状です。
そして当然、上記に述べたような理由や述べてない理由が複雑に絡み合った結果、藤子さんの本はちょっと手を出しにくい価格になっています。
「子供むけの漫画」にこだわった人の作品を、子供は読むことが出来ないんです。
これって結構な損失だと思います。

例えば、こんな感じです。
これは一番高い部類ですけど。
ここの古本屋さんからの引用です)

「チンタラ神ちゃん」と「仙べえ」です。
この筋では有名な2冊です。
この2つは希少な上に、合作なので著作権の関連で復刻も難しそうなんです。
私は片方持ってるんですよ。

ちなみに1000円くらいで買いました。
ラッキーでした。

ただ好きな作家の本を読みたいだけなんですが、全部読むのは無理だろうなー、と思ってます。
どうにか全てオリジナルのまま復刻してくれると有り難いんですけど。
20年早く生まれたかったです。

今回はかなりマニアックな話になってしまいました。
まあ、私は「気違い」ですから。
今で言う「マニア」「おたく」を昔は「気違い」と言ったんです。
釣りキチ三平とか。
言葉狩りの対象だ。
このエントリーをはてなブックマークに追加
kasa / 読書 / comments(4) / trackbacks(0)
活字中毒
最近、通学時の地下鉄の中では本を読むことが多くなりました。
以前は携帯でゲーム(テトリス)をやっていることも多かったんですが、それだと時間が勿体ないな、と感じるようになったこともあって。
あと、テトリスでは新記録が出ることが稀であるくらいにはやりこんでしまったこともあって。

こうやって地味に毎日読書を続けていると、何となくいつも「読みかけ」の本がないと落ち着かなくなりました。
「もうすぐ読み終わりそうだな」と思ったら、「新しいの買ってこなきゃな」という思考パターンです。
もともと本を読むことは好きなのですが、今はその気持ちが活性化されています。
今読んでいる本を読み終わったら、何を読もうと考えるのもまた楽しいです。
メディアとしての紙媒体はシンプルである分、不変で飽きにくいです。

今の生活では、私は「本」で文字を読む以上に「ディスプレイ」に映し出された文字を読んでいると思います。
しかし「ディスプレイ」上の文字は「読むこと」に対する満足感が少ない気がしてなりません。
「読む」というよりも「スキャン」という概念の方が当てはまっています。

そんなこんなを繰り返しているうちに、私の蔵書は恐らく3000冊くらいになりました。
きちんと数えてないですけど。
大部分は漫画ですけど。
2006年9月17日現在、私が産まれてから9541日ですから、およそ3日に1冊ペースです。
死ぬまでには1日1冊以上のペースにしたいな、と企んでいます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
kasa / 読書 / comments(0) / trackbacks(0)
自由未来
久しぶりにSFを読みました。
ロバート・A・ハインラインの自由未来です。
ハインラインは20世紀アメリカを代表するSF作家であり、代表作としては「月は無慈悲な夜の女王」や「夏への扉」が有名です。
私はこの「夏への扉」がとても好きで、たまに読み返しています。
山猫男爵さまのレビューに詳しいので、興味のある人は是非読んでみて下さい。

今回読んだ「自由未来」、これは表題の通り「自由」「未来」をテーマにした物語です。
「自由」を論じるためには「不自由」も同時に論じる必要があるのですが、この作品では考え得る多くの不自由が登場します。
核戦争に始まり、人種差別、性差別、階級制度、奴隷制度、去勢、人食い、殺人、投獄、サバイバル、麻薬中毒…、などなど、様々な不自由です。
よくもまあこれだけのものを詰め込んだな、と思いました。
自由を追求することは即ち不自由への束縛であり、不自由の中には解放された自由があります。
「未来」すらも「自由」と「不自由」の間で揺らいでいることが作中で示唆されています。
登場人物たちは最終的に、各々の「自由」を選んでいるようでした。
例えそれが他の人から見たら「不自由」に映るとしても、です。
非常に面白く読むことが出来ました。

ただ、難点が無いわけでもなくて。
ストーリー的には大きく4つに分けられると思うのですが、「第二部」と「第三部」の転換点があまりにも唐突でした。(便宜的に「第○部」とします)
前もって何も情報が提示されないまま全く違う物語に突入した印象でした。
また、「第二部」は他と比較して「異質」なんです。
「第二部」そのものは面白いんですが。

色々グダグダと書きましたけど、読んで損は全くないと思います。
面白かったです。
このエントリーをはてなブックマークに追加
kasa / 読書 / comments(2) / trackbacks(0)
積ん読
どんどんどんどん積み上げられていきます。
読まないつもりではないんですけど、読むのがいささか大変な量になってきました。
積み上がっているものの大部分は雑誌なんですけどね。
しかもまだ買ってないけど読みたい本もあるんですから、目も当てられません。

通学の時の地下鉄の中でテトリスをするのをやめて、本を読むことにしよう。
その方が多分有意義です。
地下鉄に乗ってる20分じゃ、テトリス終わらないし。

このエントリーをはてなブックマークに追加
kasa / 読書 / comments(0) / trackbacks(0)
| <<back|<1234567>|next>> |