納豆にネギをいれるのが好き
なんでも巷では納豆が人気のようですね。
フジ系列で「ダイエット効果」、納豆需要が急増・品薄

またか、という話ではありますけど。
食べ物には色々な成分が含まれていますから、当然身体に良い成分と悪い成分が含まれています。
ただし、特定のものだけを食べ続けると偏りが生じるため、逆効果の場合も多いです。
そもそも「これを食べると痩せる」という食品を食べたいと思いますか?
食べて痩せるというのは、毒物だと自ら宣伝しているようなものです。
この番組は見ていないので、内容については突っ込めませんけど。
ダイエットに最も効果的なのは、「バランスの取れた食事と適切な運動」です。

加えて、このような番組を見てすぐに影響される人達は、以前にも同様のことをしたことがあるはずです。
きな粉ブームの時にはご飯にきな粉をまぶし、ヨーグルトブームの時にはお腹を壊すまでヨーグルトを食べ、寒天ブームの時には寒天スイーツ(笑)、杜仲茶ブームの時にはお茶屋さんに怪訝な顔をされた経験のある人達です。
自分自身の体が、何よりもそれらのダイエット効果を検証しているはずなのに、同じことを繰り返しているんですから、傍観している分には面白いです。

全て、とは言いませんが、あのような健康バラエティ番組には科学的根拠は乏しい例が多いです。
研究室にいると「テレビ局のシナリオ通りのデータが出ない」と嘆く人を見たことがありますし、私自身、某お昼のテレビ番組にて自分の研究内容が実態とは遠く離れた、私から見ると「嘘」「捏造」にしか見えない状態で放送されたこともあります。
in vivoとin vitro(というかin vitroでもない)の実験を(故意的に)混同させていることも多いので、見るときは気をつけてください。
例えば、ある食べ物に「脂肪を分解するタンパク質」が含まれていて、試験管内でその食べ物の成分が実際に「脂肪を分解している様子」が映し出されます。
だからこれを食べると「痩せる」という論拠ですが、そもそも食べたものは消化されてしまうので、「脂肪を分解するタンパク質」として吸収されることは考えられません。
これは極端な例ですけど、それに近い論理展開をしている例は少なくないように感じます。
実験の比較が「対照」としての役割を果たしていないことも多いです。

万が一、私がテレビ局の偉い人になったら、これらの番組の最初にはテロップを流すことを徹底したいです。
「この番組はフィクションです。登場する団体、人物、食品の効果等は架空のものであり、実在のものとは関係ありません。」
このエントリーをはてなブックマークに追加
kasa / 科学 / comments(4) / trackbacks(0)
自己矛盾
一個前のエントリで、「名称には歴史的文化的背景が存在する」と書きました。
そんな一例を見つけたので、簡単に紹介します。

「トゲトゲ」というハムシの仲間の虫がいました。
その名の通り、「トゲ」があります。
そして、この「トゲトゲ」の近縁種で、トゲのないものが発見されました。
「トゲナシトゲトゲ」と名付けられました。
トゲのないトゲトゲだからです。
そしたら今度は、「トゲナシトゲトゲ」の近縁種で、トゲのあるものが発見されました。
「トゲアリトゲナシトゲトゲ」と名付けられました。
トゲのあるトゲナシトゲトゲだからです。

この例の場合は、「トゲトゲ」→「トゲナシトゲトゲ」→「トゲアリトゲナシトゲトゲ」の順番で発見されたからこそ、このような名前になってしまいました。
もし発見される順番が逆だったら、今の「トゲアリトゲナシトゲトゲ」が「トゲトゲ」で「トゲトゲ」が「トゲアリトゲナシトゲトゲ」だったんだなー、と空想するのもまた面白いです。

こうなると俄然、トゲのない「トゲアリトゲナシトゲトゲ」を発見したくなりますよね。
いくら安易だ安直だ、と批判されても、名前はもう「トゲナシトゲアリトゲナシトゲトゲ」以外にはあり得ないと思うんです。
このエントリーをはてなブックマークに追加
kasa / 科学 / comments(0) / trackbacks(0)
DHMO
今日のテーマはDHMOについてです。
DHMOは正式名称をDihydrogen Monoxideという化学物質です。
私も実験でしばしば使うのですが、化学的性質、環境への影響、人体への影響については以下のようなものが代表的です。

化学的性質
・DHMOは水酸の一種で、ほぼ無色(ごく薄い青色)、無臭、無味であるが、毎年無数の人々を死に至らしめている。
・DHMOは酸性雨の主成分であり、温室効果にも大きな効果を持つ物質である。
・DHMOの分解には大量のエネルギーが必要で、分解後には高濃度の水素ガスが残留する。
・DHMOは、ナトリウム、カリウム、カルシウム、セシウムなどの金属を侵し、水素ガスを発生させる。またその際、強アルカリ性の水溶液が生成する。
・三酸化硫黄と反応して硫酸を、また二酸化硫黄と反応して亜硫酸を生じる。

環境への影響
・バイオテクノロジー分野においても、動物実験や遺伝子操作などの過程で用いられている。
・農薬散布にも使われ、汚染は洗浄後も残る。
・DHMOは非常に高い溶解力を持つため、工業的に溶媒や冷却剤などとしてコンビナートや原子力施設で大量に使用され、そのほとんどは河川に投棄されている。
・DHMOは帯電しやすいにも関わらず先進国の大企業によって自然界に放出し続けられたため、時々放電し人々を即死させたり、火災の原因となっている。

人体への影響
・液体のDHMOを呼吸器系に吸引すると急性の呼吸不全を引き起こすことがある。
・経口摂取で発汗、多尿、腹部膨満感、嘔気、嘔吐、電解質異常、悪心、下痢、腹痛、頭痛を来すことがある。
・大量に摂取すると痙攣、意識障害等の中毒症状を引き起こし、最悪の場合死に至る。
・妊婦がDHMOを摂取すると、胎児にも胎盤を通じて体内に入り込むことが確認されている。また、世界の主要な都市圏に住む女性の母乳中からは割合で85%以上の高濃度でDHMOが検出されることも知られている。
・DHMOを使用した自殺や殺人事件も、毎年後を絶たない。

このような性質を持っています。
これだけを読むとちょっと危ない目の物質のような気がしなくもありません。
DHMO、ジハイドロジェンモノオキサイド、つまりH2O、水です。
上記のことは事実ですが、危険物質であるかのような表現で書かれています。
ジョークの一つらしいです。
でもこの方法論って、周りでたくさん使われているような気がしてます。
「結局この文章は何が言いたいんだろう?」と考えないと、うっかり騙されかねないので注意が必要かもしれません。
科学的っぽい文章は、実はあんまり科学してないことも多いです。
曖昧な表現をした科学も割とたくさんあったりします。

「Dihydrogen Monoxide」という言葉から構造を考え始める人にとっては、この文章は読むたびに「プププ」と笑えるものでしかなかったと思います。
Wikipediaを眺めてたら見つけたので、紹介してみました。
Wikipedia ; DHMO
嘘はつかなくても恣意的な表現は可能なので、色々難しいです。
このエントリーをはてなブックマークに追加
kasa / 科学 / comments(0) / trackbacks(0)
OTOKOGI
クラミドモナス(単細胞の藻類)の「オス」を決定する遺伝子としてOTOKOGIという遺伝子が同定されたそうです。
オス決定遺伝子「OTOKOGI」発見
OTOKOGIは「侠」の意味らしいです。

生物の性分化というのは、まだ意外と分かっていない部分が大きいです。
代表的な遺伝子としてはほ乳類のSRY (Sex-determining Region Y) という遺伝子があります。
これは未成熟な生殖腺を「オス」へと分化させるのに必要な遺伝子で、この遺伝子を働かなくすると、染色体が「XY(オス型)」であっても外見は「メス」、逆に「XX(メス型)」に強制的にSRYを発現させると外見的には「オス」となることが知られています。
また、ショウジョウバエではdsx (doublesex) という遺伝子があり、この遺伝子はオスとメスでそのスプライシングパターンが違うことが分かっています。
またほ乳類でもこの近縁の遺伝子が見つかっているようです。
この他にもたくさんの遺伝子が関与していますし、その詳細はまだ未知な点も多いです。

そんな中、クラミドモナスで「OTOKOGI」が発見されました。
クラミドモナスは植物なので、動物でその遺伝子が存在するかは分かりませんが、個人的にはとても興味があります。

それにしても遺伝子の名前を付けるのは発見者の特権です。
ネタにしました
こういうのは格好いいですが、海外の研究者が悩みそうです。
説明するときはどうすればいいんでしょうね。
「OTOKOGI」だから「侠」、というと「任侠」、任侠なのは「ヤクザ」、日本のヤクザは「Japanese Mafia」、ということは「Mafia」。
「マフィアだよ!」と説明しても、やっぱり海外の研究者は悩みそうです。
このエントリーをはてなブックマークに追加
kasa / 科学 / comments(0) / trackbacks(0)
蔓延するニセ科学
はてなブックマークをさまよっていたら、面白いものがあったので紹介です。
大阪大学の菊池先生が非常に分かりやすく「ニセ科学」について語って下さっています。
10分程度ですが、見る価値は高いと思います。
左手の動きは気にしてはいけません。


内容の書き起こし文章はこちらを参照してください。
私はこのブログ内で、菊池先生の主張と似たようなことを何度か書いています。
どことなくなんとなく;曖昧さ
どことなくなんとなく;科学リテラシー
どことなくなんとなく:意志
どことなくなんとなく;因果関係

この内容のものが、テレビで放送されたことがちょっと嬉しいです。
スポンサーのないNHKならではかもしれませんが。
そして、一度放送されてしまえば放送で見られなかった人でも見ることの出来る(日本の権利者団体は抗議しているようですが)環境というのは、ある意味非常に大切な要素を内包しているように感じました。
このエントリーをはてなブックマークに追加
kasa / 科学 / comments(2) / trackbacks(0)
| <<back|<123456789>|next>> |