電子書籍に侵食されて

新年も3日を過ぎて、ちょっと遅くなってしまいましたが、あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い致します。
今年はお正月が3日だけで、明日から平常の生活になると思うと、少々不本意で耐え難く、あと363日位(うるう年なので)お正月が続けばまたお正月なのになあ、と空想する一日を過ごしていました。
こんな無駄なことを無駄だとわかっていながら考える脳と、知能は素敵だと思います。

さて、私は「本」は紙以外はあり得ないと考えている紙原理主義者なのですが、文明の進歩は望むと望まないとに関わらず、確実に私の生活を侵食してきています。
そう「電子書籍」です。
私は上記のように紙の本を好んでいるため、電子書籍に対する感度であったり 積極性だったり受け入れだったりはかなり遅かったと思います。
そんな私にも、逆らえずやむを得ず、日常に電子書籍が。

写真 2016 01 03 23 21 45

iPad mini 4のKindleで「人工知能は人間を超えるか」を読んでいるところです。
私は、一応研究者として、脳科学側から知能だったり精神だったり感情だったりその他を考えていますが、人工知能側からのアプローチや、考え方は非常に面白く勉強になっています。

人工知能は人間を超えるか ディープラーニングの先にあるもの (角川EPUB選書)
松尾 豊
4040800206

最初に陥落したのは「週刊少年ジャンプ」でした。
どことなくなんとなく;ジャンプ+ on iPhone 6 Plus
ちょっと引用します。

もともと、私は「本」に関してはかなりの保守派で、今でも紙媒体以外は考えられないと思っています。
ただそれは、「本」の持つ機能のうち、「情報の蓄積」をかなり重要視しているからです。
〜数十年以上(場合によっては百年単位)での保存を考えた場合、「紙媒体」以外にはありえません。
従って、単行本類は紙媒体での収集をやめる気はありませんし、私の場合は電子書籍に関してはあくまでも「紙」ありきでの話になると思います。
しかし「雑誌」についてはちょっと話が異なります。
雑誌については、「買って」「読んで」「捨てる」のサイクルでしたので、保存性については考慮の必要がありません。
そうすると、ジャンプが発売日の朝にiPhoneで自動的に読めるようになるというのは、こんなに有難い話はないです。
朝起きると、布団に居ながらにしてジャンプを読める生活。
幸せが具現化した形の一つですね。

情報の蓄積も非常に重要ですが、もう一つ、書籍に関しては重要な要素がありました。
「携帯性」です。
本を持っていても、読まなくては「自分にとっては」あまり役に立ちません。
いつでも読めるという安心感と、アーカイブ性だけです。
電子書籍はこの「携帯性」が抜群に優れています。
どこでも読めて、どこでも即座に購入できる、この優位性はちょっと筆舌に尽くしがたいものがあります。
買いに行って、時間を取って、本がある場所でのみ、読むことができるという 「紙の本」は、その環境が許される場合においてだけ可能な贅沢な読書の仕方です。
コーヒーを飲むためにわざわざ豆から挽くような、喫茶店に出かけるような、そのような贅沢。
飲みたくなった時にパッと飲める缶コーヒー、インスタントコーヒーとは根本的に異なるものだと気づきました。
そして、別に缶コーヒーを飲んだからといって、喫茶店に行ってはいけないわけではないので、十分に両立は可能なのではないかと考えています。
紙の書籍を買う絶対量は減りそうですが、書籍全体の読書量は増えそうです。

それにしても、iPad mini 4の電子書籍リーダーとしての優秀さと言ったらありません。
電子書籍+iPhone 6 Plus+iPad mini 4は、考えられる中でベストな組み合わせの一つではないかと思います。
いつでもどこでもジャンプが読めます。
小学館さんは、一日でも早く、週刊少年サンデーを電子配信してくださるととても有り難いです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
kasa / Mac / comments(0) / trackbacks(0)
さて何を書こうかと思っていたら年末

すっかりと年も押し迫って、気付けば今年もあと24時間ほどになっていました。
あっという間ですね。
本当は色々と書こうと思っていた話がありました。
でもそれを書くのは来年になってしまいそうです。
今回は目次的に、何を書こうと思っていたかについて、あらすじ的に書いておこうと思います。
来年一年かける所存です!

ボトルアクアリウムはとても順調

何度か書いているボトルアクアリウムですが、現在なかなか順調です。
ちょうど直前のエントリに書いてます。
直前と言っても4ヶ月前ですが。
あっという間ですね。
現在、写真はないので載せられませんが、前回のエントリの時には卵だったメダカたちがスクスクと大きく育ち、今ではすっかりと我が物顔でボトルの中を泳いでいます。
ボトルの中には今のところ、

  • メダカ(4匹)
  • オトシンネグロ(1匹)
  • ミナミヌマエビ(3匹)
が元気に暮らしています。
水草はウィローモスとグロッソスティグマが繁っていて、悪くない感じです(グロッソスティグマは植えたばかりなのでまだまばらです、繁ってません)
加えて明かりが大事ですので、白熱球用の照明に、蛍光灯の電球をつけて、さらにコンセントにタイマー制御でオン・オフできる機械をつけて、12時間周期で照明を制御しています。
こう言うのです。

デジタルプログラムタイマー? ホワイトPT50DW
B002YW3XOW

今のところ悪くない感じですので、グロッソスティグマがうまいこと生えそろったら続きを書きたいな、と思います。

ガジェット周りについて割と快適

たった今、ついさっき撮った今この文章をまさにいま書かんとしているときの写真がこれです。

duet macbook with ipad mini

duet displayを使って、MacBookに、iPad mini 4をデュアルディスプレイで接続している感じです。
どちらも持って歩いていて、いざというときにはデュアルディスプレイにもできるので、かなり悪くないです。
普段使いのガジェットとしては、

  • MacBook Pro with Retina Displayモデル(Mid 2012, 15インチ, メイン機)
  • MacBook(Mid 2015, サブ機, 持ち歩き用)
  • iPhone 6 Plus(SIMフリー, IIJmio SIMで運用)
  • iPad mini 4(Wifiモデル, 16GB)
の4つかな、と思います。
特に、MacBookとiPad mini 4、iPhone 6 Plusは、大きさがどれもジャストサイズで、私の生活にピタッとハマりました。
一番小さなMacと、一番大きなiPhoneと、一番小さなiPadです。
これらの感想とか使い勝手も、そのうち。

沼はあちこちに

初出はカメラにおける「レンズ沼」らしいのですが、一度ハマると底なし沼のように抜け出せない趣味だったり物だったり事象だったりを「沼」と称するようです。
私も割合「沼」とは近しい性分ではあるのですが、今年ちょっと危なかったものに「家電沼」と「文具沼」がありました。
いやー、家電があんなに奥が深いものだとは考えていませんでした。
今年買って一番良かったもの大賞は、間違いなく「食器洗い乾燥機」です。
食器がすごく綺麗になりますし、食洗機の中に上手に食器を詰め込めた時の達成感と言ったら!

Panasonic 食器洗い乾燥機 プチ食洗 ホワイト NP-TCM2-W
B00EYZ3IO2


もし今は食器洗い乾燥機を使ってなくて、食器洗いに辟易としている人は、騙されたと思って是非一度試してみてください。

加えて、文具沼ですね。
今までは文房具は全く興味がなく、使えればいいやくらいの感覚だったのですが、あるとき、某所からモレスキンのノートをもらいました。
メモをとる習慣はなかったのですが、せっかくもらったのでちょっと使ってみるかー、と、メモを取るように意識してみたら、これが意外に快適。
今まで、Evernoteなどでデジタル的にメモを取ろうとしていたときは何度も挫折していたのにも関わらず。
そうするとメモを取るためのボールペンも欲しいなあ、と考えて、ようこそ沼の入り口に、という感じです。

Lamy 2000 Romeo No3

上がLamy 2000と言う4色ボールペンで、下がITOYAのRomeo No.3と言うボールペンです。
現在メインではLamy 2000の方を使っています。
これがなかなか面白いボールペンで、1966年の発売から50年近くデザインが変わっていません。
ノックした時のペンの向きで、4色のうちで出てくる色が変わる仕掛けになっています。
面白いです。
しかも、uniの名作ボールペンであるJET STREAMの替芯が使えます。
素敵なボールペンに、書きやすい替芯を入れられるなんて、考えるまでもなく最高です。

BRZはやはりいい車です

車の、車として必要な「走る」「曲がる」「止まる」の基本性能が高いことは、何よりも安全に寄与すると常々感じるようになりました。
MT車ですので、動かそうとしないと動かないことも、とても良いです。
この基本性能を高める形でのメンテナンスとカスタマイズを考えていきたいと思っています。

と、言うことで

書きたいことを書いていたら趣味とか物とかに特化してしまいましたが、今年はそれ以外にも色々な人のお世話になり、色々な経験をすることができたと感じています。
一つ一つは書ける範囲でそのうち書きたいとは思っているところではありますが、自分のなかでインプットが充実すると、アウトプットがおざなりになってしまうのが、かなり顕著に出たのが今年だったのかなあ、と痛感しています。
文章を書くこと自体は、とても楽しいのですが、なかなか敷居が高くなってしまっているため、まずは今日、このエントリに書いたことを下敷きに、次の話を書ければなあ、と思っています。
と言いつつ、次の話は全くこれっぽっちも関係ないものかもしれませんが。
そんな感じでゆるゆるとやっていきたいと強く希望する次第です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
kasa / 雑記 / comments(0) / trackbacks(0)
ボトルアクアリウム ver.2

15ヶ月くらい前からボトルアクアリウムを始めて、楽しく過ごしてきていました。
どことなくなんとなく:カテゴリ;アクアリウム
非常に順調で、「ああ何だ、意外とボトルアクアリウムも簡単じゃないか」と油断していたのですが、先日、急速な環境の悪化により、中の生体が全滅してしまいました。
原因はいくつか考えられるのですが、列挙すると、

  • そもそもボトルが小さい
  • ボトルの口が小さいために、非常にメンテナンス性が悪い
  • メンテナンス性が悪いために、環境維持は基本放置(ミナミヌマエビとイシマキガイにお任せ)(一度環境が整ったらメンテナンスは最小限で済むのがボトルアクアリウムの利点とも言えるのだけど)
  • 上記の理由により恐らくボトルの中がかなりの有機物過多となり、きっかけ一つで微生物繁殖の要因が整っていた
  • 先週までの気温の上昇によって、ボトル水温の上昇、微生物繁殖、環境悪化、ボトル維持困難

ボトルは500 mLのものを使用していたため、環境の変化に弱く、耐えられませんでした。

このボトルはもう保たないと言うのは、うすうす5月頃から気付いていて、そのための準備もしていました。
新しいボトルの作成です。
当初の作戦では、新しいボトル作成が済んだら、古いボトルから生体を移動させようと思っていました。
しかし、新しいボトルの作成に予想以上に手間取ってしまい、結果的には間に合いませんでした。
正確には、新しいボトルに移したことが、とどめだったのですが。
新しいボトルに使用していた水草には、農薬がついていたらしく、弱った生体にはひとたまりもありませんでした。

農薬付きの水草は全て捨て、水を入れ替え、ボトルの再セットアップを行いました。
しばらくはまたボトル作成かなあ、と思っていたのですが、ひょんなことからメダカを手に入れたため、急遽メダカボトルとして運用を始めました。
割合過酷な状況で飼われていたらしく、非常に生命力が強く、元気です。

ホ?トル ver2

よく見えないですけど、メダカが3匹と、おまけについてきたタニシが1匹入っています。
奥にポトスの植木鉢があるため、ボトルが見えにくくてすみません。
床には作成途中だったモス床(ウィローモスをシート状に生やしてわっさわっさにしたもの)が、奥には流木とそれにウィローモスを木綿糸でぐるぐる巻にして根付かせようとしているものが見えます。
水面には、メダカと一緒に貰った浮草みたいなものがあります。
あと1ヶ月もすれば、それなりに見栄えがするようになると思うのですが。
また、メダカは雄1匹、雌2匹で、卵を生んでいたため、よく見ると水面に浮かんでいるのが見える透明なやつの中に卵を隔離して、孵化させた後に育てようと目論んでいます。

ボトルを立ち上げてから一週間くらい経ちますが、今のところ順調です。
今回のボトルは、前回のボトルの反省点を踏まえて、

  • メンテナンスしやすいように口は広く
  • 水量もそれなりに
  • 水草は管理しやすいものを

と言うことを徹底できればと考えています。

とりあえずはこの状態を維持して水草などの生育を図りつつ、メダカの稚魚を上手に育てたいなあ、と思っています。
あとはエビですね、エビ。
ヤマトヌマエビかミナミヌマエビを入れないとなりません。
ただし、エビは非常に水質に対する感受性が高いため、もうちょっときっちりボトルの環境が整ってからですね。
本当は一刻も早くエビを入れたいのですが。
エビを入れて、思う存分気の済むまで眺めていたいのですが。

このエントリーをはてなブックマークに追加
kasa / アクアリウム / comments(2) / trackbacks(0)
| <<back|<12345678>|next>> |