3月を諦めない
3月が31日で終わりだなんて、誰が決めたのでしょうか、いや誰も決めていない(反語)、と言うことで、少しだけ3月の延長戦をやろうと、私の中で全会一致で決まりました。
延長戦と言うか、アディッショナルタイムみたいなものです。
3月が終わってしまうと、凄く困るんです。
4月1日になってしまって、エイプリルフールになってしまって、何を書いても信用に足らなくなってしまうからです。
4月1日は、論理学とっても鬼門の日。
「このエントリは嘘ではないです」と書いた瞬間に、自己言及のパラドックスに陥ってしまいますので。
そんな理由でこの記事は誰が何と言っても3月中であり、4月1日とは全く何の関係もありません。
俺とお前と大五郎くらい関係ありません。
このエントリは嘘ではないです。

3月末は、月末なだけではなく、年度末でもあります。
従って、他の月末にはない、多くの悲喜こもごもがあります。ありました。
人間関係で言えば別れの季節です。
仕事で言えば、区切りの時期です。
何かの「終わり」の時期です。

この「終わり」と言うのが曲者で、終わりであると言うことは、終わるその直前の瞬間まで継続中であると言うことです。
物事が何かしら動いていて、動き続けている状態です。

正直、この状態ってとてもラクなんです。
惰性でうっかり一日を終えることも可能ですので。
それを、余計なことに「年度末」は、「末」にしてしまって、しかもこともあろうに4月1日からは「年度始め」と称して「始め」ることを強いてきます。
昨日まで仲間だと思っていた頼りになるアイツが今日からは敵、みたいな変貌ぶりです。
終わりたくもないし、始めたくもない私の気持ちは無視されたままです。
と言うわけで、私の中ではまだ3月であると、そのように決まりました。

3月32日を迎えた私に取りましては甚だ関係のない話ではございますが、無事新年度を迎えられた皆様におかれましては、この一年がこの上なく素晴らしいものになりますことを、心より祈念しております。
このエントリーをはてなブックマークに追加
kasa / 季節 / comments(0) / trackbacks(0)
花の季節も終わりつつ
毎年毎年、2005年にこのブログを始めて以来ずっと桜のことは書いてました。
今年だけ書かないのも変ですので、書こうと思います。
実は、仙台は4月30日現在、まだ花が完全には散ってません。
だいーぶ葉桜ですが、まだ咲いています。

2012Sakura

この写真は4月21日に撮影しました。
このときはまだ3分咲きくらいで、とても綺麗でした。
満開だったのは4月25日前後でした。

今年は、とても桜の時期が遅く、このブログを始めてから最も遅い日程でした。
7年も続けているとそれなりに蓄積ができるもので、毎年毎年ネタの再利用ができるようになります。
「えーっと、桜の満開の時期はいつだったかな?」という、非常にこの上なく日々の生活でよくある疑問を参照したい時に、とても便利です。

どことなくなんとなく;花見(2005422日)
どことなくなんとなく;花見頃(2006420日)
どことなくなんとなく;花見頃(2007414日)
どことなくなんとなく;桜が満開(2008414日)
どことなくなんとなく;花散し(2009415日)
どことなくなんとなく;桜色は寒空の底(2010427日)
どことなくなんとなく;花見頃も過ぎて(2011426日)

ここ数年は、今年も含めて、散った頃にエントリを書いているので、単純比較はできないんですけどね。
これからはいよいよ新緑の季節。
個人的には一番目か二番目か三番目かくらいに好きな季節なので楽しみです。

ちなみに、4月16日にこのブログが7周年を迎えて、8年目に突入してました。
あとからうっかり思い出すくらいの存在感が丁度いい感じですが、今後ともよろしくお願い致します。
このエントリーをはてなブックマークに追加
kasa / 季節 / comments(4) / trackbacks(0)
2012年は不安定なままで
いつの間にか2012年になりました。
今のところ無事に毎日を過ごせていますが、いくつか不安定なままです。
一つは体調。
年末に風邪を引いてしまったことは、昨年の最後のエントリにちらっと書いた気がしますが、その風邪を未だに引きずっています。
咳が治らないだけで、発熱などはすっかり治まっているのですが。
以前、風邪が治らないなあと思っていたら肺炎になっていたこともありますので、適当に療養していく必要がありそうな気配です。

一つは職。
自分の今のポジションは今年度で終わりですので、春からの職を得ないとなりません。
今年度はあと二ヶ月半。
来年度まであと二ヶ月半。
二ヶ月半後の職がまだ決定できていません。
当てがないわけではないのが救いですが、現在ジリジリとした持久戦の最中です。
確定するまでは、ジワジワと精神的に堪えます。
ジリジリジワジワと日々を過ごしております。
ちなみに、アカデミアでのポスドク、就職事情については、先日芥川賞を受賞した円城塔さんが日本物理学会誌に寄稿した文章がありますので、興味のある人は参照してみてください。
http://ci.nii.ac.jp/naid/110006825822
彼は作家になる前は研究者でしたので、この辺の事情には詳しいです。
私は生物系、医学系ですが、状況としては似ています。
このスパイラルを抜けられる日は、来るのやら来ないのやら。

そんなこんなで、心身ともに安定できていない気がして、毎日の出来ることにムラがあるように感じています。
はやく以前のように、安定した低空飛行をしたいものだと切に願っている今日この頃です。
このエントリーをはてなブックマークに追加
kasa / 季節 / comments(0) / trackbacks(0)
2011年
いよいよ、2011年の大晦日になってしまいました。
今年は振り返れば多くの出来事がありすぎて、ちょっと一言でまとめるには難しい年なのですが、とりあえずこうして無事に年末を迎えられて良かったなあ、と感じています。
数日前から酷い風邪をひいていて、ふらふらな状態の年末ではありますが、どうにかこうにか新しい年を迎えることが出来そうです。
仕事のある期間は体調は低空飛行ながらも元気なのに、年末年始の休みに入った途端に風邪をひくというのも、よく仕組まれた感じで趣深いです。

このブログに関して今年の反省点を一つ挙げるとしたら、それは間違いなく「放置プレイしすぎ」の一点に尽きます。
書きたい話も実際のところたくさんあって、頭の中ではエア更新を繰り返していたものですが、現実には2011年には18回しか更新してませんでした。
一ヶ月に1.5エントリ。
さすがにちょっと少ないと、反省しています。
一番更新していた時期の二週間分ですからね。
これはこれで、どうかと思いますが。

エア更新だったものが本当に更新していたのなら、もっとこのブログはエキサイティングなものになっていたはずです。
SFあり、社会批判あり、小話あり、ちょっと泣ける話あり、それはもう、盛り沢山です。
人間の自我をロボットに拡張しつつ今年顕になった日本人の科学リテラシーの問題に切り込みつつ中々来年のポストを確定できない一研究者の悲哀のケーススタディが出来ていたはずなのです。
2011年中にそれらを書き記すことが出来なかったことが、残念といえば残念です。

ブログの更新はひとつの例ですが、「アウトプット」の重要性についても一考の余地があると考えています。
例えば私に関して、他のアウトプットが多くブログの更新に向けるリソースが枯渇した結果としての更新減なのか、そもそものアウトプット量の絶対的な枯渇なのかは、趣味で適当に書いているブログと言えども、本業に関わる大事な論点の一つだと思います。
そして、私の感覚としての認識では、残念ながら後者であると感じているため、これを打破するための方策として、「とにかくアウトプットを増やす」ことが考えられ、何でもいいから文章を書くことは、存外大切なのかもなあ、と思います。

グダグダと色々と書きましたが、2012年、来年が素敵な年になるように願っています。
少なくても、2011年よりはいい年に。
2011年中は、とりわけ一番大変な時期には、皆様からの言葉の一つ一つが有り難かったです。
また来年もよろしくお願い致します。
このエントリーをはてなブックマークに追加
kasa / 季節 / comments(0) / trackbacks(0)
半袖マン
実は今日、今年はじめての半袖を着ました。
昨日までの私は頑ななまでに長袖を着続けていました。
このブログ内を「半袖」で検索すると分かるように、私は基本的に毎年、あまり半袖を着ずに長袖で過ごすことが多いです。
そして、それに対してあれやこれやの理由をつけていました。

曰く
昨日も今日も非常に暑い一日になっています。
昨日などは今年初めて半袖を着てしまいました。
今日は長袖ですけど。
エアコンが寒いんですよ、半袖だと。
そのくらい暑い一日になっています。
どことなくなんとなく;日陰者

であるとか、
ポツポツの数を数えてみたら、9個ありました。
虫さされだとしたら、こんなにさされて気付かないものなのかなー?という疑問がありますし、湿疹だとしたら、心当たりは全くありません。
やはり半袖で生活していたせいでしょうか。
半袖は危険です。もう着ません。
どことなくなんとなく;虫さされ?

であるとか、
あんまり半袖は着ません。
なぜなら寒いからです。
長袖の日が多いですし、今日ももちろん長袖です。
これは私の体温調節機能がおかしいわけではなく、仙台の気候のせいです。
どことなくなんとなく;長袖マン

であるとか。

翻って、今年、このような理由で半袖を着ないだけの動機が私の中にあっただろうか、と言う疑問が湧いてきます。
今年は電気供給力の減少により、大学もかなりの節電を強いられています。
エアコンを、暑がりの人の体感温度に合わせて、想いのままにわがままに稼働させることは難しくなっているため、例年よりも室内温度は暑くなっています。
また、半袖で生活していてもあれ以来湿疹が出るようなこともありませんでしたし、仙台の気候も昨年、今年と妙にやる気を出してしまっているため、30度を超える日も珍しくありません。
そんな状況の中、私は相変わらず長袖のままでした。
何故、半袖を着なかったのか。

逆に考えて、特に状況が変わったわけではないのに、何故今日は半袖を着たのか。
これらの疑問は表裏一体、私の中に非常に重要な意味付けを持っているような気がしてなりません。
しかし、この疑問に答えられるほど、私の中に何か明確なものがあったとも、思いつきません。
なんとなく長袖を着続けていたのに、なんとなく半袖を着てしまったと。
そして、半袖は快適であったにも関わらず、おそらく明日は長袖を着るだろうなと。
長袖を着た上で、若干の腕まくりをするだろうなと。

私にとっては存外に重要な疑問ですので、これから折に触れて考えていく必要がありそうです。
そしてポンと膝を打つような答えが得られた時、この半袖長袖論争に終止符が打たれた時、初めて心の底から袖の長短を気にしない服選びができるようになる気がするのです。
このエントリーをはてなブックマークに追加
kasa / 季節 / comments(3) / trackbacks(0)
| <<back|<1234567>|next>> |