信じるチカラ

タイトルがちょっと怪しいアレに見えるかもしれませんが、決してそんなアレな話ではなく、言われるまでもないごくごく当たり前の話です。
今日は12月23日、明日は12月24日、明後日は12月25日で、それぞれ「天皇誕生日」「クリスマスイヴ」「クリスマス」と、(神道に関わる)日本国の祭祀を行う現最高神官の誕生日と、世界三大宗教の一つであるキリスト教の始祖の誕生祭とが近接する、とても「宗教色」の強い季節です。(ちなみに政教分離によって天皇(皇室)と神道の関わりは昔に比べたら変節があるのかもしれませんが、詳細は知りません。)
あと一週間も経つとお寺で除夜の鐘を鳴らして(仏教)、その後は神社で初詣(神道)です。
一年の中でもとりわけ宗教関連の時事が多いです。

「宗教」まで考えると大変ですのでもうちょっと身近な感じで考えたいと思いますが、いわゆるおまじないだったり占いだったりあるいは迷信として括られてしまうような風習だったり、少し考えるとそのような小さな「信じること」が、身の回りには意外に多いことに気づきます。
例えば、「大安/仏滅」とか、「夜に爪を切ってはいけない」とか、「B型は迫害されてしかるべきだ」とか。
このような事柄を「合理的根拠が無いから意味が無い」と切り捨てるのは簡単です。
実際に合理的な根拠がない場合の方が多いのではないかと思いますし、私自身は特に気にしていません。

ここで、「私自身は」と書きましたが、このようなことを信じる人や、信じないまでも何となく気にする人は多いです。
私もおみくじで大吉が出ると嬉しいと思いますので、本当は私自身も「気にする人」なのかもしれません。
そして、合理的な根拠が無いとしても、このように「信じられていること」「気にされていること」として、人々の意識の遡上に存在しているならば、存在している以上、それらは間違いなく影響力を持っています。
B型の私がいくら論破しようとしても、A型勢からの眼差しには変化がないんです。

影響力を持っているのであれば、それはもう「影響力を持っている」として取り扱わないとならないのかなあ、と思っています。
影響力を行使するのはあくまでも信心を持っている人ですが、行使する人がいる限り、その事柄はやはり影響力を持っているんです。
影響力がなければ、こんなにも街中に赤い服が溢れていたり、「クリスマスイヴはどうしようか?」「うふふ」みたいな会話が為されているわけがないんです。

と言うことで、特に大したオチはないのですが、合理的な根拠が無いからといって十把一絡げにするのではなく、明らかな悪影響があるもの以外は、それなりの信心をもって楽しめばいいんじゃないかなあ、と思いました。
とりあえず、年が明けたらみんなでお祓いにだけは行ってこようと思ってます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
kasa / 雑記 / comments(0) / trackbacks(0)
シュークリームの悲劇

夕方にはとても小腹が空いてしまいますので、つい何かおやつが食べたくなります。
何がいいだろうか、やはり甘いものがいいだろう、シュークリームだ、シュークリームが是非とも食べたい、もうシュークリーム以外のことは考えられない、ああシュークリーム。
そんな気持ちで、イソイソと買いに出かけました。

そもそも何故シュークリームなのか

シュークリームは、ふわふわのパイ生地の中にとろとろのクリームが包まれていて、それが口の中でいっぱいにはじけ飛ぶ、至高のおやつです。
もぐもぐと食べている間中に感じる悦楽は、脳にとってこの上なく気持ちよくなる何かの物質が含まれているとしか思えないほどです。
オーソドックスなシュークリームも素敵ですが、カスタードクリームと生クリームが両方入っているタイプも、それはそれでやはり素晴らしいです。
買いに出かける道中では、如何にシュークリームが素晴らしいか、それを頬張るとどれだけ幸せか、そのことだけを考えていました。

おやつ売り場にて

おやつ売り場に到着すると、そこには一人、女性の先客がいました。
女性がいたのは、ちょうどシュークリームがあると思しき場所の真ん前です。
怪しまれない程度に売り場を凝視しながら、シュークリームの存在を捕捉し、2個あることを確認しました。
「よし、2個あるし、今売り場にいるのは僕とその女性の二人だ。その女性がシュークリームを買うとは限らないし、もし買ったとしても1個は残る。この勝負は自分の勝ちだ。」
そんなことを考えながら、かと言って凝視した挙句に無理矢理と女性の前に割って入るのは色々と奇しい行動に思われてしまうので、女性に対して「はやくどっか行け」と心の中で念じながら、時が来るのを待ちました。

悲劇

その女性が、シュークリームを2個とも持って、レジに向かいました。

抜け殻

シュークリームは、どこか遠いところに行ってしまいました。
茫然自失としながらふと横を見ると、そこにはエクレアが。
「ごめんね、今僕が食べたいのはシュークリームなんだ。もう口も頭もシュークリーム用に準備してあるんだ。君じゃないんだ。」
そんなことを考えながら、エクレアを購入し、むしゃむしゃと食べました。
美味しかったです。

このエントリの趣旨

このエントリは、テストエントリです。
実は先ほど、ブログの更新用にMarsEditを購入しました。
今まではEctoというブログクライアントを使用していたのですが、ソフトウェアの更新がなされなくなってしまい、使いにくくなってしまっていたので。
どことなくなんとなく;JUGEMでectoを使う方法
このエントリは、MarsEditでの初投稿&フォーマットなどの確認を兼ねています。
従いまして、エントリの記載内容につきましては、悲しみのノンフィクションです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
kasa / 雑記 / comments(2) / trackbacks(0)
偏光レンズ
自分と性格がだいたい180度くらい違うだろうなあ、という人と最近接点が増えています。
その人は全然悪い人じゃなくて(だからと言って私が悪い人と言うわけではないですよ)、サバサバしていて気の良い人で(だからと言って私がジメジメして気の悪い人と言うわけではないですよ)、一緒にいて不快なことは全然ない(私と一緒にいても不快ではないですよ!)のですが、折にふれて「この人とは正反対なんだなあ」と実感することが多いです。
一番顕著にそれを感じるのは、二人で同じ物事を見聞きしたときです。
同じ事柄に触れているのですから、そこから各々の人間が抽出する情報は、程度の差こそあれ、質的、量的に大きな差がないだろうと思っていました。
それが、私とその人とでは、その「抽出する情報」が全く違うことが分かり、このことはとても興味深いのと同時に少し気をつける必要があるなあ、と実感させられました。
どのくらい違うのかというと、「180度くらい」。

その人とは共同研究者と言う間柄で、歳が同じこともあり、有難いことに「友人」として見てくれています。
数ヶ月間、一緒に研究を進め、色々と話を重ねるにつけて、最初は極微量だった違和感がどんどん増えていったのを覚えています。
コップに水が半分入っていて、それを「半分も入っている」と捉えるか、「半分しか入ってない」と捉えるか、が感覚的には近いです。
その事実に対して、ある程度の誇張表現が加わると「結構入ってたよ」になるか「あんまり入ってなかったよ」になるかくらいの差が生まれます。
これは、同じ事柄を私とその人とが同時に見聞きしていた場合は、「あいつはこう言ってるけど俺はこう思うなー」と認識のズレを修正できますので、大きな問題にはならないのですが、私は全く見聞きしておらずにその人だけが見聞きした事柄を、その人から話を聞くと言う場合には、大きな問題となり得ります。
その「話」は恐らく、私が同じ事柄を見聞きした場合とは「180度くらい」違った話になっている可能性がかなりあるからです。

私とその人とは、同じなのは歳だけで、性別も、これまで得てきた経験も、全く違います。
私は大学に入ってからずっと大学で、研究に携わることを10年くらい続けてきたと言うある意味変化に乏しい経験値なのですが、彼女はバリバリの臨床の医者で、研究にも携わるようになったというキャリアを持っています。
私は未婚で、彼女は既婚で、私はずっと仙台に住んでいて、彼女は何箇所かの土地に住んだことがあって、と状況も結構違います。
これだけを見ると私のほうが圧倒的に経験不足ですが、かと言って、それほど殊更取り上げるほどの特殊事例な間柄というわけでもないように思います。
この程度の差でしたら、そこら中にあると思います。
にも関わらず、私と、その人との間に横たわる「溝」は、一体どのようにして「溝」として存在するようになったのか、と言うのは、考えるととても興味深いです。

最終的には自分の持っている認識をもとに判断をしていかないと、自分にとって都合の良い結果は得られないのではないかと思っています。
私の認識をもとにその人が判断すること、あるいはその人の認識をもとに私が判断することは、判断した人にとっては誤った判断になる可能性が極めて高いです。
お互い、相手に「No」と言える間柄を続けるのが、もっとも重要そうな感じです。
このエントリーをはてなブックマークに追加
kasa / 雑記 / comments(0) / trackbacks(0)
レトロフューチャー
自分の好みの中の一つに「レトロフューチャー」があります。
レトロフューチャーの詳細な説明はWikipedia先生に譲るとして、簡単に言うと「レトロ(懐古趣味)な未来」です。
その未来の中では科学は万能ですし、車は空を飛びますし、未来デパートから宅配便だって届くはずです。
「21世紀」は、誰が何と言おうと「科学万能な未来」。
今はもう2013年ですけど、やはり「21世紀」とは違う感じが拭えません。
固有名詞の「21世紀」と普通名詞の21世紀の違いと言うか何と言うか。

そんな言葉を冠したシリーズの一つにオリエント社の腕時計「オリエントスターレトロフューチャー」があります。
Orient Star Retro-Future
このシリーズが随分前から気になっていて、気になっていて、このブログでも5年くらい前に言及したことがありました。
どことなくなんとなく;物欲の話

それ以来、気になりながらも買わないでいたのですが、今回、事情があって購入するに至りました。
買ったのはレトロフューチャーの中の「自転車モデル(Road Bike Model)」です。
とても気に入っています。

購入した1週間くらいあと、今度はひょんなことから知り合いに腕時計をもらいました。
もらったのはレトロフューチャーの中の「バイクモデル(Modern Bike Model)」です。
すでに生産中止になっている初期型のモデルです。
自分では絶対に買わないであろう色だったので、むしろ面白くて気に入っています。

Orient Retrofuture

赤黒が頂いた「バイクモデル」、黒が購入した「自転車モデル」です。

よく見るとこの2つは中に入っている機械が同じなのですが、自転車モデルのほうが180度逆に機械が取り付けられているため、点対称になっていて面白いです。

購入した事情は、今まで使っていた時計が1〜2ヶ月ほどメンテナンスのためのオーバーホールで手元から無くなってしまうためです。
腕時計を普段から身に着けていると時計のない生活が不便極まりないのです。
そしてどうせ買うなら今まで使っていた時計とは趣向の違うもの、と言うことでこれを選びました。
ちなみに、今メンテナンス中の時計は、3年前に買ったこの時計です。
どことなくなんとなく;2月は時間が気になる季節頃
この時計も気に入っていますし、何にでも使えるデザインなので、オーバーホールから返ってきたあとも恐らくメインの時計です。
唯一気に入らないのは、写真写りが悪いこと。
もしくは所有者に写真の腕がないこと。
タナカ時計さんのサイトではとても綺麗な写真が掲載されていますので、リンクだけ貼りたいと思います。
http://watch-tanaka5.sub.jp/seiko/SARC015/
機械式時計自体が懐古趣味の最たるものかもしれませんし、その中で21世紀に生まれたこれらの時計はやはり「レトロフューチャー」です。
もちろんただの「レトロ」もただの「フューチャー」も、それぞれに大好きなのですが。
このエントリーをはてなブックマークに追加
kasa / 雑記 / comments(0) / trackbacks(0)
一人時間差攻撃(自作自演)
少し遅れてしまいましたが、新年あけましておめでとうございます。
本年もどうぞ、ニョロニョロと細長くよろしくお願い致します。

今日、1月4日は仕事初めでした。
一年の最初ですから、当然清々しい気持ちで一日を過ごし、充実した生活を送ることができたら良かったのに。
もちろん素晴らしい一日でしたけれども。

休みが続くと、私の怠惰な性質に磨きがかかって、「夜が遅くなって」「朝も遅くなる」傾向が顕著になります。
とりわけ今回の年末年始は10冊以上も溜まってしまっていた週刊少年サンデーを消化していましたので、どのように考えても確実に夜更かしが過ぎるリズムになってしまうことは、自明でした。
蛇足ですが、一気に読んでみて思ったこととして、全体的に面白い漫画は面白くて少年サンデー充に浸れた一方で、前々から薄々気になっていたサンデーの迷走が気がかりです。
蛇に足が生えているような雑誌にならないと良いんですが。

えーと、自明でした。
そんな状態で、今日は通常通りに仕事です。
もちろん一生懸命にやりました。
「夜は遅いままで」「朝は早く」起きました。
一番頑張りました。

一年の初めに、一番頑張ることができて、何だか今年はいい年になるのではないかと期待しています。
今年が皆さんにとっても良い年でありますように祈念しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
kasa / 雑記 / comments(0) / trackbacks(0)
| <<back|<1234567>|next>> |