久しぶりの更新は韓国で

うっかりしていたらすっかり夏めいてきました。
そんな素敵な季節が巡っているところではありますが、私は今、韓国に来ています。
バケーションではなくてお仕事です。
学会に参加しています。

coex

今回の学会に参加するきっかけになったのは、昨年の12月頃にきた一通のメールでした。
大会長からの依頼で、シンポジウムでの「指定討論者」なるものを仰せつかり、ふむ、会場はどこだろうと思ったら韓国だった、という経緯です。
ちなみに「指定討論者」と言うのはシンポジウムの発表者に対して質問をして討論をしたり、場合によってはシンポジウム全体の総括を行うような、とても大切な役回りです。
当然、今回の学会でも私は大活躍で、シンポジウム直前に司会の先生や演者の先生とは下記のようなやり取りがありました。

「指定討論者には何をやってもらおうか」
「フロアから質問が出なかった時に質問してもらう感じですかね?」
「じゃあそうしようか」

めでたく、フロアからは沢山の質問が出ましたので、私の指定討論者のお仕事は一言も発せずに終わりました。
そこに居ることがお仕事。
今回韓国に来たお仕事。
大活躍でした。

謎のキャラクター

今回、韓国に5泊していて、明日帰国の予定ですが、最初の3日は同行してきた学生がいました。
彼らは予定があって日曜に帰ってしまいましたが、教員である自分の方が暇なのもどうかなー、と思わなくもないのですが、彼らのおかげで前半はとても楽しい旅になりました。
食べ物もきちんとしたものを食べましたし。
ワインバーでのビュッフェと、サムゲタン、ビビンバ。
彼らが帰った後の夕飯が、たこ焼き、ビッグマック、コンビニ弁当であったことを考えると、その差は歴然です。
若干の異国に置き去りにされた感も感じたり感じなかったり。

今回の学会では、ソウルの江南区に来ています。

高い

とても都会で位置づけ的には横浜的なのかなー、となんとなく感じています。
会場の近くにはお寺もあって、ちょっとウロウロしてみました。

奉恩寺

象

蓮

提灯

日本のお寺と雰囲気が違って、面白かったです。
もう少し生活・文化に密着している印象を受けたのと、もう少し異世界に近い印象を受けました。
あとは、全体的にカラフルでファンシー/ファンキーな感じ。

と言うわけで、韓国はなかなか楽しかったです。
明日帰国の予定。
一つ心配なのは、ソウルに来た日も酷い雨だったのですが、明日も雨の予報のことです。
どうにか晴れると良いなあと思ってますが、これはもう私の雨男としてのレベル次第ですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加
kasa / / comments(0) / trackbacks(0)
BRZは順調

BRZを購入して、1年と9ヶ月くらいになりました。
どことなくなんとなく:スバルBRZを買いました
世代的にはアプライドB型の後期に当たります。
その中の、特別仕様のPremium Sport Packageです。
今のところは、非常に順調で、特に不満点はありません。

BRZ.jpg

車体が黒なので、傷が目立つとか、すぐに汚れるとかはありますが…。
これは洗車直後に撮った写真です。
先週の土曜日。数時間後に嵐になりました。

現在は純正+α程度の状態です。
一部STIパーツに変えてあって、

  • STIフレキシブルVバー
  • STIフレキシブルドロースティフナー
  • STIコイルスプリング(F)(R)
  • STIラテラルリンクセット
  • STIトレーリングリンクセット

くらいの、剛性と足回りをちょぴっとです。
ホイールとタイヤに関しては、
  1. 夏:RAYS Volk Racing G2 Progressive model + ミシュラン Primacy HP
  2. 冬:STIアルミホイールセット + ブリヂストン REVO GZ
と言った感じです。
夏のタイヤと、冬のホイールは純正です。
あとはステアリングギアボックスのボルト、スペーサ、フランジナットがSTIチューンのBRZ用ものに変更してあります。
これでほぼほぼ終了で、もしかしたら後は給排気系をちょっぴりだけかなあ、と思ってます。

BRZに乗るようになって改めて実感したことは、車はやはり「走る」「曲がる」「止まる」の基本性能の高さがとても重要だということでした。
走行中の余裕、マージンがあるため、むしろ安全運転が可能です。

これは、私がスバル車であるBRZを購入した動機とも関係があって、大本のきっかけといえる事故がありました。
笹子トンネル天井板落下事故です。
この事故で、唯一助かった車が、様々な状況や偶然の要素がもちろん大きいのでしょうけど、スバルのインプレッサでした。
私には、車がインプレッサだったことも、生還の大きな要因だったように思えてなりませんでした。
やはり、車の基本性能が高いことに越したことはないなあ、と。
まあ、このインプレッサと私のBRZとだと、BRZの方がかなーり遅いですけど。
ちなみにこのインプレッサは修復されてます。

と言うことで、非常に運転しやすくていい車だと感じています。
また、運転もとても楽しいです。
飲み会の日であっても、ひたすら烏龍茶を飲み続けて車で帰りたくなるくらいには、日々とても楽しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
kasa / / comments(0) / trackbacks(0)
ボトルアクアとりあえず順調

昨年7月くらいに立ち上げたボトルアクアですが、半年経過してなかなか順調です。
水換えは思いついた時(2〜3週間に半分程度の換水)、たまにコケ取り(1ヶ月に一回くらい)、たまに水草のトリミング(2ヶ月に一回くらい)程度のメンテナンスで済んでいます。
現在の様子はこんな感じ。

20160110ホ?トルアクア


ななめ角度から撮影したので、流木がびよーんと伸びた感じに写っちゃってますね。
流木にはウィローモスが繁茂して、モス床も順調です。
加えて、底面にはグロッソスティグマを植えていて、マツモもチラッと見えます。
この2つはこれからワサワサと殖える予定です。
うまくいくと良いのですけど。

中に入っている生体は下記の通り。

  • メダカ(4匹)
  • ミナミヌマエビ(3匹)
  • オトシンネグロ(1匹)

2リットルのボトルでは限界に近い生体量ですが、今のところどうにかバランスが取れています。
ボトルアクアをして痛感しているのは、とにかく水草が大事で、水草のためには光環境が最重要です。
明るくして繁茂させることが水質の安定に最も寄与します

ボトルアクアは、可能な限り手をかけない環境を作るのが理想ですので、エアレーションやろ過は行っていません。
この上、照明も行わないと完璧ではあるのですが、そうするとかなり水草の種類が限られますし、環境を整えるのがとても難しくなります。
と言うことで、照明だけはきっちり行うことにしました。

照明を選ぶにあたって、蛍光灯を用いるかLEDを用いるかは、結構重要な問題です。
今回は蛍光灯を用いています。
と言うのも、LEDは明るいのですが、光の波長の幅が狭く、植物が光合成に使える光量は実際にはとても少ない場合があるからです。
水草対応のLEDも売ってますが、結構高いため、それならば波長のことを考える必要のない蛍光灯を使うことにした次第です。
これを12時間ごとに明暗を繰り返しています。

こんな感じで、とりあえずはとても順調です。
あとはチョコチョコと手を加えてバージョンアップを行いながら、できるだけ長く維持できたらなあと考えています。
毎日、エビや魚を見る生活は、当初の想像よりもずっと心のスキマにピタッとハマってしまった感がありますので。ので。

このエントリーをはてなブックマークに追加
kasa / アクアリウム / comments(0) / trackbacks(0)
| <<back|<1234567>|next>> |