にねん
一年は短すぎる、三年は長すぎる、二年が恐らく丁度いい、と言うことで、少し二年前を振り返って今ならこう思う、こうする、と言うことを少し記しておきたいと思います。
状況としては仙台市の比較的被害の少ない地域での経験ですので、難易度としては高くはありませんが、将来、似たようなことが起きた場合に大多数の人が経験する出来事と相似しているのではないかと思います。

Level1; 生きること。
食べ物と飲み物の確保です。
これは、私に関しては家に備蓄がかなりあったこともあり、大きく困ることはありませんでした。
また大手のスーパーや生協などは独自のネットワークを持っているらしく、有難いことに物品が完全に枯渇すると言う状況もありませんでした。
数時間スーパーに並べば、最低限の物品を手に入れることはできました。
日本全体が沈没とか、そのような事態にならない限り、最初の数日を乗り切るだけの用意があれば恐らく十分です。
ちなみに、カップ麺などは最初期にはお湯が手に入りません。冷凍食品は電子レンジが動きませんので地味に注意が必要です。

Level2; ライフライン。
水、電気、ガスのうち、水と電気は比較的早い時期に復旧しました。
インフラ屋さんの努力は並大抵のものではなかったと思うのですが、そのおかげでかなり事態は改善しました。
私の自宅は3月13日には水と電気は使える状態になっていたと思います。
ただこの辺の事情は地域によって、被害程度によってかなり異なります。
一ヶ月以上、水が復旧しなかった地域もかなり広範囲にありました。
近所の公園および公民館が断水を免れていたため、水が出ない間はそこまで汲みに行ってました。
トイレも可能な限りそこを利用するようにしました。
ガスに関しては、都市ガスを使っている世帯は復旧までにかなりの時間(一ヶ月以上)を要しました。
プロパンガスの家は、ボンベに異常さえなければすぐに使用可能です。
ガスを使う作業のうち、電気があればかなりの部分を代替可能です。
ホットプレート、電気ケトル、電子レンジなどは大活躍です。
上記に加えカセットコンロもあれば、料理に関しては大丈夫です。
ガスが使えなくて一番困るのは何と言ってもお風呂。
シャワーからは水は出ますがお湯が出ません。
私の家では、電気ケトルおよびカセットコンロを使って熱湯をバケツ一杯分沸かし、その熱湯を水で湯加減を調整しながら行水をしてました。
最後の方は割と快適に体を洗って行水できてましたので、慣れって怖いです。

Level3; 情報。
地震当日、翌日は大部分はラジオです。
動くラジオがあって本当に良かったです。
ネットに関しては、停電が最大のネックでした。
iPhoneでの情報収集も行ってましたが、充電できないことと電波が死んでたことで、思うような情報収集は行えませんでした。
最初期を乗り越えれば、ネットは十分に有用でした。
ただ、個人的にはTwitterから流れてくる情報はノイズが多く、今必要な情報ともズレがあったように感じます。
自分の無事を知らせるツールとしては、Twitterは有効でした。
リアルの人間関係の人達よりもTwitter上の人達のほうが、私の無事をいち早く知ってましたし。
また、地震から数ヶ月のスパンで必要な情報(支援情報や復旧情報など)は、ネットで腰を据えて調べないと意外と入手しづらかったです。
また、一度調べたことであっても、ルールが度々変わってしまうことがあったため、期間を置いて何度か調べる必要がありました。

Level4; 車。
ガソリンはなるべく満タンにしておいた方がいいです。
私の車は地震当時、ガソリンが約半分残っていました。
半分というのは心もとないです。
私はなるべく大事にガソリンを使うようにして、地震から約2週間後に給油しました。
当時深刻なガソリン不足で、ガソリンスタンドに8時間以上並びました。
ただ、並んで給油できたことそのものがかなり運が良くて、どのガソリンスタンドが営業しているかはさっぱりわからないからです。
この、「営業しているガソリンスタンド」の情報を集めるのに一番役に立ったのは2ちゃんねるです。
タンクローリーの目撃情報、開店情報、予想など、非常に役に立ちました。

車は自力で発電できる限られたツールです。
車に取り付けられたラジオ、テレビから情報も得られますし、携帯の充電もできます。
移動もできますし、人を乗せることもできます。
雨風を凌ぐこともできます。
たまたま車に毛布を積んでいたおかげで、避難所に泊まるときにかなり助けられました。
車には毛布と着替えと、タオル等を積んでおくととても便利です。
急に温泉に行きたくなった時にもとても便利です。

Level5; 人間。
私自身は大した出来事はなかったのですが、周りで見聞きした話しを少し。
家が全壊したり津波被害にあったりした人が周りに数人いますが、そのこと、およびその後発生した出来事によって、それぞれの人達がそれぞれ苦労をしていました。
彼ら・彼女らには百万単位で義援金・支援金が入ってきています。
もちろん、家の修繕費や生活の再建のために使用するお金なのですが、周りにいる人達にとってはそうとは限りません。
例えばの話ですが、親戚のなかでもあの人ちょっと注意だよなー、とか、あの人ちょっと信用ならないよなー、とか思っている人がいたら、大体、想像通りの行動をするように感じました。
急にしゃしゃり出てきた人とかも。
当事者がそのことに気づいていればいいのですが、そうでない場合、こちら側が「悪者」に見える場合も多々あります。
どこまで介入するかはその人との関係性次第で、場合によってはかなりの労を費やす覚悟が必要になることもあります。
そして、労を費やしてもあんまり良いことはないです。
悪いことを回避できたなら、それは御の字。

つらつらと思いついたことを書いてみました。
一つのケースでしかありませんが、残しておくことに少しでも意味があれば良いなあ、と思います。
明日は、多くの人にとっての三回忌です。
心より哀悼の意を表します。
このエントリーをはてなブックマークに追加
kasa / 連絡 / comments(0) / trackbacks(0)
いちねん
早いもので、地震から一年が経ちました。
仙台では「地震」はすっかり固有名詞です。
地震のあと、それに関連したエントリを2つ、書きました。
どことなくなんとなく;大きな地震の日のこと
どことなくなんとなく;大きな地震の後のこと

その中に、こんなことを書きました。
一部引用します。
自分の周りの、本当に小さい範囲については、こんな感じでした。
もっとマクロなことで思うことも無くはありませんが、まだ総括する時期では全然ないと思うので、そのうちにでも気が向いたら書くかもしれません。
ただ、当たり前のこと過ぎますけれど、今回のことで多くのヒトの人生が変わったと思います。
恐らく、自分も。
比較はできませんけどね。
実際、この一年の間に、恐らく「人生が変わった」と思われる人達をたくさん見てきました。
いい方向に変わっている人はあまりいなくて、困難な方向に変わった人が、自分の見聞きした範囲では多い印象でした。
そして、自分に関しても、間違いなく変わったと思います。

上記のこととはあまり関係ない話題ですが、地震から半年後にこんなエントリを書きました。
どことなくなんとなく;雑記

地震のことを振り返りつつ、もうちょっと異なった時間のスパンで物事を雑記してあります。
その中にこんなことを書きました。
ちょこっと引用します。
来年

今の職場の任期が今年度いっぱいなので、このままだと無職です。
このときに書いた「今年度」は3月末までですので、もう2週間あまりです。
かなりギリギリではありますが、とりあえず「来年度」を確保することができました。
書類を出したのは昨日です。
色々なことが重なった結果、今の職場に今の職位で残留することになりました。
一年先がどうなるかはさっぱり見えないままですが、これからの一年はこれまでよりも1.3倍くらい頑張りたいなあ、と思っています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
kasa / 連絡 / comments(2) / trackbacks(0)
大きな地震の後のこと
地震から3週間が経とうとしています。
仙台の街を見ていると、確かに日々復旧、復興している様子が感じられて、間違いなく時が流れていることを意識するのですが、頭の中では全然「3週間」が理解できなくて、時が止まっているかのような、そのような感覚がこびり付いています。

そんな、時が止まっている間の出来事を、取り留めもなく記しておこうと思います。
忘れるんですよね。今でさえも。

自宅に関しては、地震直後はライフラインは全滅でした。
水道も、電気も、ガスも。
今(3/31)もガスはまだです。
この状態で役に立つものは、カセットコンロ、ラジオ、ろうそくです。
情報源はラジオしかありませんでした。
携帯は自宅付近に関しては、基地局がやられたらしく、圏外。
そもそも充電もできません。
ラジオから聞こえてくる情報が全てで、聞こえてくる情報は混沌としてて。
電気、水道が復旧したのは地震から2日後。
かなり早い部類だったと思います。

物資不足も、直後の週は特に顕著でした。
仙台市内なのでまだマシではありましたが、食料を手に入れるためにも数時間並ばないとなりませんでしたし、その他の必要な物も、手に入る状況でもありませんでした。
ダイエーに並んだり生協に並んだり。
普段は買わないお菓子もなんとなく買ったりして。

現在もまだまだ手に入りにくいものが、ガソリンです。
地震の時、私の車には約半分のガソリンが残ってました。
なるべく車を使わないようにはしていましたが、車が必要な日もあり、3/26に給油をしました。
その頃には「手に入らない」から「頑張れば手に入る」くらいには改善していたので、6時間ほどガソリンスタンドに並んで給油できました。
ちなみに、レギュラー車ですが、やむなくハイオク満タンです。
しかし、自分も並んだので大きなことは言えないのですが、現状でもこの「ガソリンスタンドに並ぶ」車が大渋滞を引き起こしていて、色々なものの妨げになっています。

職場に関しては、被災地の中でもほぼ最優先で復旧がなされる場所でしたが、自分の研究室のある建物の被害が大きく、中々再開の目処を立てられる状況ではありませんでした。
また、研究室の中で震災後に自由に動ける立場の人間が自分しかいなかったため、毎日一応出勤しては、情報の収集と可能な限りの復旧、連絡、取りまとめ等をやっていました。
「研究」は、停電、断水等でダメになった物が多すぎて、正直、見通しも立ちません。
冷凍庫の中の物、融けちゃいましたし。

祖母の家は、人が住める状態ではなくなりました。
ただ、祖母のいた居間だけは無事だったのが本当に良かったです。
叔父叔母の家は津波で一回部分まで浸水したようです。
でも、こちらも全員無事だったので、安心しました。
一週間位連絡が取れない状況というのは、気持ちには良くありません。

自分の周りの、本当に小さい範囲については、こんな感じでした。
もっとマクロなことで思うことも無くはありませんが、まだ総括する時期では全然ないと思うので、そのうちにでも気が向いたら書くかもしれません。
ただ、当たり前のこと過ぎますけれど、今回のことで多くのヒトの人生が変わったと思います。
恐らく、自分も。
比較はできませんけどね。

次回からは普通の話に戻りたいなあ、と思っています。
「次回」がいつになるかは、まあおいおい。
このエントリーをはてなブックマークに追加
kasa / 連絡 / comments(0) / trackbacks(0)
大きな地震の日のこと
もう10日ほど前になりますが、大きな地震がありました。
未だ被害の全貌が見えず、数字だけがどんどんと拡大しています。
私は、この地震を仙台市内で経験しました。
不幸中の幸いに、私の家族、親戚、友人知人に犠牲者は居なさそうです。
知人の知人、レベルになると、もちろん居ます。

何から書いたらいいのか、何を書いたらいいのか、そもそも書くべきなのか、色々と頭の中がまとまらず、報告が遅れてしまって申し訳ありません。
「日常」はどこかへ行ってしまい、「非日常」が代わりにその場所にいます。

私は、助教という立場で、大学に所属しています。
その日、その時間も、大学の研究室に居ました。
耐震工事など為されていない古い建物の、7階に私の研究室はあります。

大きな地震。

学生やスタッフは、とにかくびっくりしていました。
自分もびっくりしていましたが、私はとにかく落ち着くようにと、安全を確認することを大声で指示して、自分は自分の本棚の上にあったサボテンを守っていました(結局、ほとんどを守れませんでした。幸いサボテン自身の生命力が強かったおかげで後日回収出来ましたけど)
揺れが収まった後、とりあえず近くにいた人間に怪我などがないことを確認できましたので、再度落ち着くようにと声を出し、自分は研究室の被害状況を確認するために動きました。

Jishin


物の転倒、停電、水道管の破裂、水漏れ、防火扉の転倒など、酷い有様で、にわかに対処できるような状況ではありませんでした。
余震がいつ来るかもしれない状況でしたので、貴重品などを持って屋外に退避することに決めました。
外から見ていると、余震のたびに建物が大きく揺れているのがよく見えました。

その日はとても寒くて、ちょうどその頃、激しい雪が降ってきました。
一度その場を解散にしたものの、私は状況把握のために大学に残りました。
仙台市内(というか、東北全域?)が停電だったために、街中の信号機も止まり、大渋滞が起こっていました。
帰宅を試みた人たちは、相当大変だったと思います。
自分の職場は大学の附属病院のすぐ近くであるため、緊急車両の往来の多い場所なのですが、渋滞で動けなくなっている緊急車両もありました。
この時点で私は当日中の帰宅をほぼ諦めました。

同僚のポスドクの人と、保育園に預けていた彼女の子供と合流し、彼女の車の中でテレビを見て、そこで初めて、今回の地震の規模と、被害の一報を知りました。
正直、現実感はありませんでした。
近くのコンビニが停電の中、手作業で計算して営業していましたので、差し当たっての食料を買いました。
並んでいたので、買うだけでも一時間近くかかったと思います。(正確には同僚の人が並んで買って、自分はその間、子供を抱っこしていただけなのですが)

暗くなってきて、帰宅も諦めたので、とりあえず3人で避難所に向かいました。
途中、研究室の学生と合流し、避難所へ。
地震当日でしたので避難所にはまだ毛布もなく、食料もなく、停電していて、ただ、ストーブだけはありました。
各自、車や家から食料および毛布を持ってきて(全然足りませんでしたが)、その日をしのぐことになりました。
食料はほとんどがお菓子、毛布は6人に対して3枚。
体育館だったので、板が冷たいんです。
良かったのは水道が生きていたので、トイレの心配だけは必要なかったこと。

誰かが持ってきてくれていたラジオのお陰で、情報だけは入ってきていました。
ラジオは、にわかには信じられないような情報を伝えていました。
携帯は全く通じず、その日の夜中に、どうにか家族に連絡がつきました。
WillcomもSoftbankも全然ダメで、学生のdocomoの携帯でようやく通じました。
家族には全然連絡ができないのに、Twitterではずっと前に無事を知らせられていた状況も、なにか変だなあ、と思いつつ。

避難所の床に身を横たえながら、結局ほとんど一睡もできずに、ラジオを聞き続けて夜が明けました。
避難所にいた学生のことも気になったのですが、昼前に、帰宅することにしました。
普段なら30分の道も、車で2時間かかりました。
信号も点いていない場所が多く、空気を読んでの運転です。
ちなみに、この状態で夜も運転しましたが、真っ暗でものすごく怖いです。
人が見えません。

自宅は電気、ガス、水道、全てがダメでした。
しかし、物が倒れたりとか、そのような被害は一切無く、布団で寝られるという誘惑には勝てず、避難所には戻りませんでした。
研究室の学生の中には3日ほど避難所で過ごした人も居たようです。

これが、地震当日に私が経験したことです。
その後の一週間に経験したことについては、エントリを改めたいと思います。

最後になりましたが、今回の地震とその後の津波の犠牲になった方々に対し、心から哀悼の意を表したいと思います。
このエントリーをはてなブックマークに追加
kasa / 連絡 / comments(3) / trackbacks(0)
生存報告
生きてます。
どうにかこうにか。
半死半生。
意外と元気。

ここ2週間くらいは、結構多忙でした。
今思い返すと何をやっていたかを微妙に忘れかけていますが、とにかく多忙でした。
今思い返すとそうでもない気もしてきましたが、多忙だったと言うことにして下さい。

今は3月ですので、年度末です。
大学は年度で区切られることが多い場所である関係上、色々なことに区切りを付けないといけませんでした。
研究費には報告書が必要ですし、学生は卒業しますし、職員はいなくなります。
その一つ一つがじんわりと乗しかかってきた2週間でした。
特に報告書がキツかったです。
自分ではやってない実験についてさも知ったかのようなフリをして書かねばならないのですが、これからこのような機会が増えていくんだと思います。
研究費の申請についても、自分ではやらないような実験についてさも全力でやるようなフリをして書くんだと思います。
ここ10日くらいで一個書くつもりです。
全部うまくいけば面白いテーマになる芽の芽の段階ですけど、それで一つ書いてみようかな、と。
研究費の申請は不採択でも現状維持なので、それならばダメ元で書いた方がいい気がしています。

また、この2週間は色々と考えさせられる出来事もありました。
このことについては機会があったら、オブラートに包んだ上に砂糖をかけて、書けたらなあと思ってます。

次回は通常通り更新したいと思ってます。

真夜中に踏み込むアクセル
疾走するタクシー
凍りつく路面
そして、キューブ最後の拘束が今解かれる

次回
「初心者マークを外すとき!」
このエントリーをはてなブックマークに追加
kasa / 連絡 / comments(0) / trackbacks(0)
| <<back|<123456>|next>> |