最近の近況の状況

すっかりと夏が近づいて来ているこの頃ですね。
油断をすると月日の流れにびっくりさせられることが増えてきています。
最近の私にとってのトピックを簡単に書けたらと思います。

ボトルアクアリウムのその後

先日、ボトルアクアリウムのことを話題にしました。
どことなくなんとなく;ボトルアクアリウムのようなもの
その後順調に維持できていますので、まずはその話を少し。
エントリを書いた時は、500 mLのボトルにアカヒレを2匹という状況でしたが、なるべくメンテナンスフリーで維持したいと企んだ結果、まずはミナミヌマエビを1匹投入しました。
エビについては、前回のエントリでも言及してました。

とりあえずの懸念としては、そのうちにコケが生えてくるのではないかということです。
その場合、コケ取り要因として小エビを1匹だけ導入しようと思っていますが、そのことでバランスが崩れてしまうこともやはり懸念材料です。
ヤマトヌマエビにするか、ミナミヌマエビにするか、心配はつきません(わくわく)。
わくわくした結果の、当然の帰結でした。
当初の目論見通りに、コケやエサの残りや水草やその他を食べながら、元気にボトルの中をウロウロとしています。
これでコケ問題の半分くらいは解決しました。
あと、エビがツマツマツマツマとついばんでいる様は、平気で私の1時間位を泥棒していきます。
ホント、エビを眺めることは人生におけるもっとも贅沢かつ有意義な時間の使い方なんじゃないかと錯覚するくらいには、エビは魅力的です。

エビは確かに偉大ですが、それでも取りきれないコケが存在します。
それはボトルの壁面に生えてくるコケです。
この2ヶ月の間に、壁面のコケはゆっくりとしかし確実に増えていき、ちょっとこれはどうにかしないとならないなあ、と対策を考えないとならないほどに勢力を伸ばしてきました。
しかし、私のボトルは水量が500 mL程度しか無く、そこに既にアカヒレ2匹とミナミヌマエビ1匹が存在している状況でしたので、正直、この段階で生体が多すぎる状況でした。
ここに更に、コケ取りの最終兵器であるイシマキガイを投入することは、本当に勇気のいる決断です。
最悪全てのバランスが崩れて、ボトル全体が全滅してしまう危険性もあるからです。
じっくりじっくり熟慮を重ね、2週間ほど前にイシマキガイを1匹、投入しました。
コケに対する効果は、絶大。
数日で見える限りのコケはなくなりました。
その状態で2週間維持できていますが、今後心配なのはイシマキガイのエサが無くなることです。
コケは綺麗になくなった状態で維持されてますし。
それが目的だったとはいえ、コケがなくなるとイシマキガイのエサが無くなるため、飢餓が心配です。
今のところは元気そうですが、注視して、必要そうなら別途エサを投入することも考えないとならないと思っています。

そんなこんなで、今のところボトルは順調に維持できています。
水質も維持できていますし、水換えもこの2ヶ月で1度だけ、3分の1量ほど換水しただけです。
このままバランスが取れることを期待しています。

BRZのこと

納車して1ヶ月以上が過ぎて、先日1ヶ月点検を受けてきました。
こちらも大変順調です。
初めてのマニュアル車ということで運転練習からしないとならない有り様でしたが、最近はどうにか通勤に使うことができるようになりました。
まだたまにエンストしますけど。
多少なりとも乗れるようになって感じるのは、やはりとても運転しやすくていい車だなあと言うことです。
アクセルを踏めば走りますし、ハンドルを回せば曲がりますし、ブレーキを踏めば止まります。
当たり前のことですが、この当たり前のことが高いレベルで、しかも意図の通りに動くので、非常に快適です。
まだまだ下手くそな状態でこれですから、運転がうまくなればもっと楽しくなると思ってます。
もちろん、不満点が無いわけではないのですが、どれもこれも「スポーツカーだから」と言うことで、どうしようもない部分が大半です。
2ドアなので乗り降りに気を使うとか、車内が狭くてしかも車体が黒だから天気のいい日は凄く暑いとか、車体が低いので雨の日は他の車が跳ね上げた水が全部かかるとか、夜の幹線道路で信号待ちをしているときに隣に停まったシルビアに発進の時に勝負を挑まれる感じになったとか(こちらはスムーズに発進するのがやっとやっとなので、無論勝負になりません)
断熱のフィルムを窓に貼るなど、改善できるところは少しずつ改善できればと思っています。
あとは、スポーツカーこそ安全運転すべきだと思うので、スムーズな運転を心がけています。

それぞれのトピックについては、また稿を改めて書くこともあるかとは思いますが、今日のところは簡単に。
簡単に、と言いつつ、かなり長くなってしまいましたけど。

このエントリーをはてなブックマークに追加
kasa / 雑記 / comments(0) / trackbacks(0)
記念日とその周辺

記念日といえば誕生日とか結婚記念日とかがメジャーですが、「生まれてから何日」もそれなりに面白い記念日になり得ると思います。
このブログでも何度か話題にしたことがあります。
どことなくなんとなく;まだ4桁
どことなくなんとなく;9999
どことなくなんとなく;ゾロ目は遠い日の彼方に

そこで、「あれ?確か33歳の春には何かがあった気がする。」と不意に思い出し、上記のエントリを再確認してみた結果、2014年5月22日は私の生誕12345日目に当たることが分かりました。
忘れないようにメモしておいたことをすっかり忘れていましたが、取り返しのつかなくなる前に思い出せたのは良かったです。
リスが木の実を埋めて隠していたのを忘れたおかげで、芽が出る感じというか何と言うか。
それにしても、「まだ4桁」を書いた頃から2500日以上が経過したと考えると、中々感慨深いものがありますね。

全く意図していたわけではなく偶然ではあるんですけど、ちょうどその頃の周辺の時期には、先日契約してしまった便利な玩具が私の手元に届くころのはずです。

Brz

最低でも16000日を過ぎる頃までは、たくさん楽しめるのではないかと期待しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
kasa / 雑記 / comments(0) / trackbacks(0)
2月が終わりました

早いもので気づけば2月も終わりになっていました。
今現在、すでに3月1日の夕方6時も過ぎた頃で、本日開幕のJリーグではベガルタ仙台が負けたことも承知しているのですが、便宜上、このエントリは2月28日付けでアップしようと思っています。
だいたい、2月だけ28日までしかないのは、明らかに不当なのではないかと。
31日まである月とは3日も違います。
10%も違えば、それは無視できない差だろうと思い、今日は2月と言うことでいい気がしてきました。

2月も思い返すと色々なことがあったように思うのですが(そしてそれは「研究者」にとっては必ずしもいいことばかりではなかったのですが)、こうやって気が付くと時が過ぎていて、季節が巡って、星霜を経ている感覚にとらわれることがあります。
しかしいくら「気がついたら今」だったとしても、過ぎ去った時間の分だけ変化が起きているはずですので、これは油断するとちょっと大変なことになるぞ…、と最近強く感じるようになってきています。
やり直しはできますが、取り返しはつかないことは多いのではないかと思いますので。
「3月」と言うのはやり直したりやり始めたりするのには、とてもいいタイミングのように思います。
具体的に何が、という話ではないのですが。
気分を一新するだけでも、それは一つの価値になり得るはずです。

と言うわけで、「過ぎ去った時間は取り返しがつかないので、未だ来ない時間に向けて頑張ろう」という話を、過去の日付で投稿しようと思います。
このエントリみたいに、たまーに、取り返しのつくことも、あると、いいんだけどなあ。

このエントリーをはてなブックマークに追加
kasa / 雑記 / comments(0) / trackbacks(0)
うみぞい

先日、仕事の関係で気仙沼まで行って来ました。
同行した人が津波について物凄く詳しい人だったため、非常に勉強になり、とても有意義な出張だったのですが、途中、南三陸町に立ち寄りました。

Bousaityousha

防災対策庁舎です。
もうすぐ3年ですが、あの日の様子を今でも伝えていました。
この写真の一番上に、アンテナが写っていて、そのアンテナの全体は写ってないのですが、このアンテナの先まで、津波がきました。
つまりは、この写真に写っているところは全部、水の下だったと考えると、にわかには想像すら困難でした。
防災対策庁舎に限らず、これらの「震災遺構」の扱いには、今後、ますますの議論があると思います。
何にせよ、議論をつくして、多くの人が納得できる形になれば良いと思いました。

やはりまだ、何もありません。
何もないように見えますが、でも確実に進んでいる様子も見えました。

Minamisanriku

写真では少し分かりにくいかもしれませんけれど、奥には「盛り土」をしている様子が見えると思います。
この辺は4メートルの嵩上げをするそうです。
また出張で出かけることもあると思うので、変化する様子を少しずつ、自分の中に貯めていければと、そんなふうに思ってます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
kasa / 雑記 / comments(0) / trackbacks(0)
目玉の商品

私は残念ながら視力が悪いので、何らかの方法で矯正しないとなりません。
そして、今、現実的に視力を矯正しようと思うと、選択肢は以下の3つです。

  • 眼鏡
  • コンタクト
  • レーシック

しかしレーシックは怖いので、更に選択肢を絞ると眼鏡かコンタクトです。
話はズレますが身近でレーシックをした人の話を聞くと、その人は大変順調で調子が良いそうですので、一瞬やってみようかという気にもなってしまいますが、やっぱり怖いので今はまだやめておこうと思いました。

普段の日常生活には私はコンタクトレンズを使用しています。
高校3年生の時から使っているので、かれこれ15年以上はコンタクトレンズでの生活をしている計算になります。
思えば高校時代は遥か遠くなりにけり、順調におっさんになるわけです。
話がズレました。

過去の記録をあさってみたところ、今使っているコンタクトレンズを購入したのは、2008年3月14日だったようです。
どことなくなんとなく:ちょっと運の良い出来事

そうすると、大体5年と10ヶ月位?使用している計算になります。
コンタクトは視界の全てがクリアに見えて、視力の矯正と言う点では非常に素晴らしいのですが、以前から何度かブログには書いていたように、違和感や不快感も、やはりあります。
どことなくなんとなく:どこにでもある
どことなくなんとなく:完成
どことなくなんとなく:眼鏡の日
どことなくなんとなく:裏っかえし

なんとなく、そろそろ眼鏡頻度を高めても良いのではないかと思い始めています。
眼鏡が欲しい気持ちがしてきました。

やはり過去の記録をあさってみたところ、今使っている眼鏡を購入したのは、2006年6月15日だったようです。
どことなくなんとなく:眼鏡購入

そうすると、大体7年と半年くらい使用している計算になります。
と言うか、2006年ってそんなに昔になるんですね。
なるほど、順調におっさんになるわけです。
話がズレました。

この期間、視力には幸い大きな変化がありませんでしたので、視力の矯正自体は全く問題なく快適に使えています。
しかし、少々古くなってしまったのと、今まで家でだけ使っていたのが、もし眼鏡頻度を高めた場合には外でも使わないとならなくなるため、やはりそろそろ新しい眼鏡が必要になるのではないだろうか、これは買わねばなるまい、そんな気持ちになっています。
踏んづけてしまったのでフレームも歪んでますし。

今は眼鏡屋さんも数が増えて、お洒落なデザインのものが比較的リーズナブルな価格で手に入るようになったように思います。
どんな眼鏡がいいのか、ちょっと眼鏡屋さんに行って見てこようかと思っています。
普通のだと少し面白みに欠けるように思いますし、濃い目の青系か、濃い目の緑系あたりが面白いかもしれないですが、これはちょっと似合うかどうかが一番大事ですね。
まだまだおっさんではありませんので、若者には負けないようにしたいと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加
kasa / 雑記 / comments(0) / trackbacks(0)
| <<back|<123456>|next>> |