<< やっぱり綺麗な方がいい | main | 専用機 >>
大人の男
「少年と大人の男の違いは玩具の値段だけだ」とよく言います。
と言うことは、玩具の値段を見れば大人の男になれたかが分かるということです。
私はもう26歳で結構いい歳ですので、是非とも「大人の男」のレッテルを貼りたいです。
そこで、「玩具」を「その時に欲しかったもの、遊んだもの」と定義して、小学生の頃から現在までを振り返ることにしました。

・小学生の頃(6〜12歳)
マンガ、ファミコン、スーファミ、ファミカセ、ミニ四駆、カードダス、ガンプラ、BB弾(無論銀玉鉄砲)、釣り竿

・中学生の頃(13〜15歳)
マンガ、小説、ファミカセ(スーファミ)、PCエンジンGT、CD

・高校生の頃(16歳〜18歳)
マンガ、マンガ(ビンテージ)、小説、新書、プレステ、プレステのソフト、CD、レンタルビデオ

・大学生の頃(19歳〜22歳)
マンガ、マンガ(ビンテージ)、小説、新書、プレステ2、プレステ(2)のソフト、パソコン(Windows)、携帯

・大学院生の頃(23歳〜26歳(現在))
マンガ、マンガ(ビンテージ)、小説、新書、プレステ2のソフト、パソコン(Mac)、iPod、携帯

何というか、小学生の頃が一番アウトドア派で、その後はインドアしかありませんでした。
他にもあった気もしますが、思い出せるのはこれだけです。
改めて書き出してみると、何だかなー、というラインナップでした。
小学生の頃に一時期釣りにハマってたので、ある意味一番渋いのは小学生の頃。
そして中学生以降は、あんまり内容に変化があるようには見えません。
しかし、今回大切なのは内容ではなくて値段なので、値段に関しては段々高くなってると思います。
パソコンが高いですから。
それ以外は一緒ですけど。

私が「大人の男」を名乗るためには、「パソコンで遊んでいる人」がみんな「大人の男」である必要があります。
逆に「パソコンで遊んでいる人」が「大人の男」であると定義してしまえば、私は「大人の男」です。
パソコンでこのブログを読んでいる男性諸氏も「大人の男」です。
例え少年であっても「大人の男」です。
じゃないと私が「大人の男」になれないので。

そもそも週間少年ジャンプとサンデーを購読している私が「大人の男」を名乗ろうと思ったのが間違いだったのかもしれません。
かといって「少年」と言うには歳を取りすぎている、難しい年頃。
同じカテゴリーの記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
kasa / 雑記 / comments(0) / trackbacks(0)
コメントがありましたら遠慮なくお願いします









Trackback URL
http://dokotonaku.jugem.jp/trackback/960
Trackback