<< 魚釣り | main | 天気は雨 >>
個人的OSX環境設定
このPowerBookは仕事で使っていることもあり(遊びでも使ってますが)、設定には気を使っています。
起動時間が一日12時間を超えてますし、PowerBookに向かっている時間も相当長いので、気分良く使うための設定です。
折角なので公開してみようかと思います。
需要の有無は無視します。

本体のスペックはPowerBook G4 1.5GHz メモリ1GB(512×2)GPUはATI Mobility Radeon 9700, VRAM 64MB, HDDは80GB, 5400rpmとなっています。
OSはMacOSX "Tiger" 10.4.8です。

とりあえずデスクトップはこんな感じ。
シンプルにしてます。

サッカーを見てた時はこんな感じ。

でも途中でぶつぶつ切れてどうしようもなくなったので、結局携帯(ワンセグ)で見ました。
せめてシュートは枠に飛ばして欲しいと思いました。

デスクトップが散らかるのが嫌なので、TinkerToolを使ってデスクトップの機能を無効にしています。
慣れるとデスクトップに何もなくても不便さはありません。

また、Onyxを使って以下の設定をしています。
・ウィンドウとパネルの表示速度;とても速い
・Webページの表示速度;速い
・DashboardとWidgetを無効
Dashboardは使わないので、無効にしてます。

あとは、システム環境設定のネットワークの設定でIPv6は切りました。
IPv6はまだあんまり普及してないので必要ありません。
共有の設定では、全てのチェックを外しています。
共有する必要がある時だけ共有することにしています。
言語環境では「日本語」と「English」以外は必要ないです。
アプリケーション→ユーティリティにあるディレクトリアクセスではやっぱり不必要なものは切っています。
なるべく無駄なプロセスは切っておきたいので。
ここまで設定すると、結構システムが軽快になります。

私はこの程度までしか設定してませんが、もっと軽快さを求めるなら例えばreniceコマンドでWindowServerとLAServer、ATSServer辺りの優先順位を上げるとか、Graphicceleratorを使ってGPUをオーバークロックするとかの方法があります。
ただし、後者はGPUにかなりの負担をかけるので自己責任でお願いします。
私はそこまでやる必要性を感じないのと、壊れるのが怖いのでやりません。
このPowerBookが現役を引退したらやるかもしれません。

世の中の大多数を占めるWindowsユーザーを完全に置き去りにしたエントリで申し訳ありません。
もしMacを持ってないのにここまで読んでしまった酔狂な人がいらっしゃいましたら、その方はMacを使ってみるのもいいと思います。
私みたいに、Windowsには戻れなくなるかもしれませんが。
同じカテゴリーの記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
kasa / Mac / comments(0) / trackbacks(0)
コメントがありましたら遠慮なくお願いします









Trackback URL
トラックバック機能は終了しました。
Trackback