<< 半分終わり | main | 10年の終わり10年の始まり >>
悪貨が良貨を駆逐しそう
仕事において、メールの果たす役割の大きさに疑問を挟む余地はありません。
日々色々な人とのやりとりや情報のアナウンスにメールを使っています。
私は大学のアカウントにくるメールを全てiPhoneでもチェックしているため、24時間いつでもメールを確認できる状態を作っています。
従って、パソコンのメーラーとiPhoneとでのダブルチェック。
これはこれで便利なのですが、最近少し困っています。

それは、
メールの件数が、
とにかく多いこと。

10 20 06 19

これ、iPhoneの画面のキャプチャですが、メールが245件となってます。
私のiPhone本体のメールアドレス等は誰にも教えていないため、これは全てパソコンに来たメールをiPhoneで受信した数になります。
大体4日分です。
一日平均60通ほど。

一般的に見た場合の「一日60通」が多いかどうかは私には分からないのですが、私にとっては処理能力限界の量です。
そしてこの60通のうち、私にとって本当に必要なメールの件数は恐らく10通以下なのですが、その「必要なメール」が他のメールに埋もれてしまって、見失うことが多々あります。
必要ではないメールについても、目を通して把握しておくことは求められています。
目を通しているうちに忘れちゃうんです、必要なメールの方を。

割と困っているのですが、解決策があまり思いつきません。
自分の処理能力を上げることくらいしか。
メールに限らず、ToDoなどの管理の必要性をヒシヒシと感じています。

頭のクロック数をどうにか増やしたいと思う今日この頃です。
iPhoneのクロック数は、iPhone 4を買うだけで増えるんですけどね。
iPhone 4、いつ買おうかなあ。
同じカテゴリーの記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
kasa / 研究 / comments(0) / trackbacks(0)
コメントがありましたら遠慮なくお願いします









Trackback URL
http://dokotonaku.jugem.jp/trackback/1597
Trackback