<< 元気の前借り | main | 装備を充実させる >>
桜色は寒空の底
この週末くらいに、ようやく仙台でも桜が満開になりました。
満開なのでお花見に丁度いいのですが、寒いのでお花見には丁度良くない感じでした。
花より暖房。

とは言え、桜自体は綺麗に綺麗に咲いていたので、今年も例年のように写真を撮ってみました。

2010Sakura2

今年も綺麗。

2010Sakura1

5年も続けているとそれなりに蓄積ができるもので、その蓄積自体が新しい価値になったりします。
5年分の桜の満開の時期が、すぐに参照出来るんですよ。
これは「ブログに桜のエントリを書きたい」と思ったときに凄く便利。

どことなくなんとなく;花見(2005年4月22日)
どことなくなんとなく;花見頃(2006年4月20日)
どことなくなんとなく;花見頃(2007年4月14日)
どことなくなんとなく;桜が満開(2008414日)
どことなくなんとなく;花散し(2009415日)

今年の桜の満開は4月25日前後でした。
例年と比べると最大2週間近く遅れた計算になります。
実際、とても寒いですしね。
温暖化対策にエコカーを買ったことが一因だと思います。

そして、今日は雨。
寒空の雨。
花散しの雨。
この雨がやんだら、すっかり桜は散ってしまうと思っています。

せっかく桜が満開だったのですが、桜の木の下で酒を楽しむ、いわゆるお花見をしていません。
エコカーを買ったために温暖化を食い止めてしまい、寒くなってしまったのと、エコカーを買ったためにお酒を飲めなくなってしまったのと。
エコカーがなければ温暖化で酒盛りだったと思うと、それだけが少し残念な気がしないでもありません。
同じカテゴリーの記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
kasa / 季節 / comments(0) / trackbacks(0)
コメントがありましたら遠慮なくお願いします









Trackback URL
http://dokotonaku.jugem.jp/trackback/1590
Trackback