<< 定点観測 | main | リア充の土曜日 >>
墓標
結構な期間、ブログをやったりネットで遊んだりしていますが、そうするとどうしても避けられないことの一つに「死」があります。
ブログ主さん、サイト主さんが亡くなってしまうことを、これまで何度か目にしてきました。
一度だけ、言及したこともあります。
どことなくなんとなく;いつも見ていたところ

ブログと言うのは、精神の墓標として、これ以上ない存在なのだろうな、と思います。
生きていた頃の思考の断片が、嗜好の、試行の、指向の断片が色濃くそのままの形で残されているものだからです。
最近、なんとなくそんなふうに思います。
同じカテゴリーの記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
kasa / 雑記 / comments(0) / trackbacks(0)
コメントがありましたら遠慮なくお願いします









Trackback URL
http://dokotonaku.jugem.jp/trackback/1534
Trackback