<< 人間は考える周辺機器である | main | 墓標 >>
定点観測
以前書いたように、デジカメで写真を撮ったもののお蔵入りになっていた写真の中から、テーマを決めて紹介してみようと思います。
今回のテーマは「定点観測」
学生の頃、屋上で撮った写真です。
空と、木と。

20070929 407703
Sora1-1
Sora2-1
20070929 407704
Sora3

屋上で空ばかり見てたのですが、同じ木、同じアングルでも空の表情が全く違って面白いです。
また空ばかりを見て写真を撮りたいのですが、卒業してしまって今は違うところに居るので、定点観測は少し難しくなってしまいました。
この「空と木」まで、自転車で10分もかかるんですよ。
同じカテゴリーの記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
kasa / 写真 / comments(2) / trackbacks(0)
コメントがありましたら遠慮なくお願いします
Comment
秋の終り、葉が全部落ちた後のこの木が結構好きです。枝の線って繊細で綺麗ですよね。
| lacus | 2009/06/06 12:44 AM |
Comment
>>lacusさん
私も、葉が落ちた後のこの木は結構好きです。雪が降ると、すごくいいコントラストが生まれるんですよ。
枝の線は、同じように見えて全く同じではなくて、lacusさんが言うように「繊細」なんだと思います。
写真フォルダを漁ったけど、枝だけになったこの木の写真がなくて残念。
写真を撮るときに、この木を入れると、すごく構図がまとまるんですw
| kasa | 2009/06/07 5:13 PM |









Trackback URL
http://dokotonaku.jugem.jp/trackback/1533
Trackback