<< 変遷(これはひどい) | main | 最近の自分にとっての研究の話 >>
裸になって何が悪い
純粋に「裸になること」だけを考える場合、何が悪いのかはなかなか難しい問いかけだと思います。
日本国の法律や公序良俗に照らし合わせた場合、確かに「悪い」と言えるのかもしれませんが、いきなり「容疑者」扱いをされたり全国に詳細な状況が逐次放送されたり、あちこちでネタにされたりするほど「悪い」ことではないと、個人的には思います。

泥酔して裸になって騒いでしまっただけ。
今日一日ニュースを追った限りでは、そのような印象しか持ちませんでした。
むしろ余程のことがあったのではないかと心配してしまうくらい。
むしろ状況を知れば知るほど、好感度が上がってしまったくらい。

私も泥酔したことはありますし、飲みたい夜もあります。
私が泥酔したときはたまたま脱ぎませんでしたが、後輩に絡んだり迷惑をかけました。
もし脱いで後輩(女性)に絡んでいたら、それはシャレにならない事態。
紙一重です。

草なぎ君がやったことは確かに「悪い」とも言えるかもしれませんが、「一人で」「夜中」「赤坂の公園で」「SMAP」のメンバーが「泥酔して」「裸になって」「でんぐり返り」という状況は、「悪い」という言葉は適切ではなくて、もっと別に言葉があるように思えてなりません。
もっと、本質を示すような言葉のはずです。
随分とその言葉を考えたところ、一つ思いつく言葉がありました。

「スキマ」

もうなんと言うか、状況だけみると草なぎ君は「魔の巣」で飲んで、せぇるすまん風の男に「どーん」とやられたようにしか見えないんです。
同じカテゴリーの記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
kasa / ニュース / comments(0) / trackbacks(0)
コメントがありましたら遠慮なくお願いします









Trackback URL
http://dokotonaku.jugem.jp/trackback/1520
Trackback