<< アウトプットまでに | main | Blogに対する責任 >>
MacBook Proにして1ヶ月
3月末にこのMacBook Proを買ってから、1ヶ月が経過しました。
色々と変わった時期と重なったので正直まだ1ヶ月なのか、と少し驚いています。
感覚的にはもう随分と使ってるように感じます。
なので、今回は適当にMacBook Proの感想を書きたいと思います。
特に、以前使っていたPowerBook G4と比較して。

まず、簡単に今使っているMacBook Proと、その前に使っていたPowerBook G4のスペックを紹介します。

MacBook Pro 15インチ(2008年2月発売モデル)
Core 2 Duo (Penryn) 2.4 GHz、メモリ4GB、GeForce 8600M GT (VRAM 256 MB)、HDD 200 GB (7200rpm) という感じ。

一方、

PowerBook G4 15インチ(2005年1月発売モデル)
PowerPC G4 1.5 GHz、メモリ1GB、ATI Mobility Radeon 9700 (VRAM 64 MB)、HDD 80 GB (5400rpm) という感じ。

はっきり言って、スペックでは比較になりません。
MacBook Proは何をやっても速いし、動作は快適だし、ニコニコはぬるぬる動くし、ロゼッタも不満のないパフォーマンスで動くし、仮想環境でWindows XPも結構高速に動いちゃうし。
これは凄いです。
あとはディスプレイをデュアルにしてしまえば(計画中)、殆ど何の不満もなくなるはずです。
動作と実現できる環境に関しては。

では、PowerBookの方が勝る点が全くないかと言うと、決してそんなことはありません。
「機械としての完成度」はPowerBookの方が上でした。
あくまでも主観ですが。

PowerBookとMacBook Proって、ほとんどデザインが同じです。
USBなどの端子の位置も大きく変わってません(多分ほとんど同じ)。
こっそりと買い替えても気付かれないと思うくらい、同じです。
すると、どうしても「モノ」としての完成度の比較をしてしまいますが、残念ながらMacBook Proの方が少し「雑」です。
ホントちょっとしたことなんですが、例えばトラックパッドのクリック感がポコポコした感じだとか、キーボードの打鍵感がパコパコした感じだとか、ディスプレイを閉じたときに少し収まりが悪いだとか、PowerBookに比較した場合に少しずつ、気になります。
MacBook Proしか知らなければ、おそらく全く気にならずにむしろ大満足するレベルなんですけどね。
あと、ちょっとMacBook Proの方が動作音がうるさいです。
でもこれは購入の際にカスタムでHDDを7200rpmにしたせいだと思うので、MacBook Pro自体の気になる点ではありません。

なんだか文句が多くなってしまった感じですが、総じてMacBook Proには大満足しています。
私にとってはオーバースペックもいいところです。
今更PowerBookに戻れと言われても、「ごめん無理」ですし。
あとは、私の頭をMacBook Proのスペックに見合うだけに引き上げないとならないわけですが、今のところこれも「ごめん無理」ですね。
同じカテゴリーの記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
kasa / Mac / comments(0) / trackbacks(0)
コメントがありましたら遠慮なくお願いします









Trackback URL
http://dokotonaku.jugem.jp/trackback/1409
Trackback