<< 今更動物占いに手を出してみた | main | バレンタインデー >>
駄目だコリャ
先日Office2008を買ったことは書いたと思うんですが、今日はExcelでデータ整理をやってたんです。
ポチポチとデータを打ち込んで、いっちょグラフでも書いてやろうと慣れないExcel 2008を弄っていました。
結構インターフェイスが変わっているので、慣れるまでは時間がかかりそうだなー、と思いながら。

ところで、グラフを書く上で絶対に必要な要素がいくつかあります。
「データの誤差範囲」なんてその最たる例で。
これがないと、そのデータがどの程度バラついているのか直感的に理解できませんしね。
こんなのです。

Graph-1

この棒グラフの上についているエラーバーが誤差範囲を示しています。
私は標準誤差を示すことが多いですけど、標準偏差の場合も多いです。
従って、各データごとに標準誤差(偏差)を計算して、エラーバーの値として指定する必要があります。

今回もデータ整理をしながら、このエラーバーをつけようとしました。
Office2008-1
ん???
誤差範囲として、セルを指定できません。
そんなバカな。
ちなみに、Office 2004内のExcelではしっかりと指定できます。
Office2004

設定項目を比べて頂ければ分かるかと。

ハッキリ言って、誤差範囲を指定できないExcelは、私にとって存在価値はありません。
Excelを使ってデータを整理している研究者の大部分にとってもそうだと思います。
Office2008のExcelは、使うだけ無駄です。
アップデータ等で解消して下さることを強く望んでいます。

本当に指定できないのか、何かの間違いなんじゃないのか、ということで調べてみたところ、「教えて!goo」にて同様の質問がされていました。
教えて!goo:誤差範囲(エラーバー)の値指定の方法。
ここでなされていた解答の一部を引用します。


僕も「Office 2008 for Mac」のアカデミック版を購入しました。
その後、エラーバーが以前のようにつけられないことを確認し、
愕然としました。
office2004でエラーバーをつけたグラフをoffice2008で読み込み、
エラーバーの値を修正しようとしましたが、これも不可。
今のアカデミック版のoffice2008は学術目的には使用不可のようです。

これって学術用途では、致命的ですよね、グラフソフトとしては。
正直、購入した本人の意見として、腹が立ちます。
何故なら「アカデミックはエラーバー不可」が伏せられていましたので。
「するいなあ」と、激しい憤りを感じました。
「Office 2008 for Mac」は期待していただけに、とても残念です。
やはり、「指定できない」もののようでした。
ただし私が買ったOffice2008はアカデミック版のものなのですが、他の版なら指定できるかもしれません。
確認していないため分かりません。

私にとって、一気に存在価値を失ってしまいました。
これから購入を考えている人は、自分にとって必要な機能がきちんと実装されているか、調べてからの方が良いと思いますよ。

何というか、今回の件では腹が立つと言うよりもガッカリしました。
Officeを必要としない社会が一日も早く来ることを願ってやみません。

追記(2008年3月12日)
Office2008のアップデータが出たので記事を書きました。
どことなくなんとなく;Office 2008アップデータ

追記2(2008年5月18日)
Office2008のアップデータが出て、この問題が解消されました。
どことなくなんとなく;Microsoft Office 2008 12.1.0
同じカテゴリーの記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
kasa / Mac / comments(0) / trackbacks(0)
コメントがありましたら遠慮なくお願いします









Trackback URL
トラックバック機能は終了しました。
Trackback