<< 割と満身創痍 | main | Quartz GLを有効にしてみた >>
中日ドラゴンズ日本シリーズ制覇に関する雑感
私は中日ドラゴンズのファンです。
20年くらいファンをやっているので、それなりに長い方だとは思うのですが、今回初めて、ようやく「日本一」を経験することができました。
中日ドラゴンズの日本シリーズ制覇は実に53年ぶりなんです。
すごく嬉しいです。
Yuusixyou111
画像は中日ドラゴンズ公式ブログから転載です。いい写真ですね。)

今日の試合は何と言っても、中日先発の山井が素晴らしかったようです。
8回終了時まで24人で24個のアウト、つまりパーフェクトピッチングでした。
このまま日本シリーズ初の完全試合か、とも思ったんですが(完全試合自体、13年前の槙原以来誰も成し遂げていない偉業です)、落合監督は抑えの岩瀬に投手を交代してきました。
そしてその岩瀬が9回を3人で抑えて、投手二人での「完全試合」を成し遂げました。
素晴らしい。素晴らしいんですが、どうしても最初私は8回まで完全試合を続けてきた山井を代えたことが納得できませんでした。

なので、本当は、ここにはその納得のできなかった部分に関して色々と書こうと思っていたんです。
しかし山井の手にマメができたとの情報や(スポルト内で落合監督が発言)や山井自身が岩瀬への交代に納得していた様子を見て、何だかどうでも良くなってしまいました。
ビールかけの様子を見て、しみじみと「日本一になれて良かったなあ」と。
立浪の喜んでいる様子もまた、嬉しかったです。

一つ、敢えて難癖をつけるとしたら、「シーズンは2位」だったことです。
次こそは「リーグ制覇」と「日本シリーズ制覇」を願って。
あと、こっそりと山本昌の200勝も願って。
同じカテゴリーの記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
kasa / スポーツ / comments(0) / trackbacks(0)
コメントがありましたら遠慮なくお願いします









Trackback URL
http://dokotonaku.jugem.jp/trackback/1296
Trackback